リアルファーを自宅で洗ってふわふわにする方法

こんばんは、ハナです。
ほそぼそとアパレル系のせどりをやっています。

少し前にリサイクルショップで仕入れたホコモモラのコートです。
コート1

リサイクルショップで仕入れた衣類は絶対に洗ってから出品するというのがマイルール。(綺麗に見えてもほこりなどで汚れているのです)

なので、自分では洗う事ができない皮やリアルファーは避けてきました。
今回はそんなリアルファーを実験的に洗ってみたいと思います。

----- スポンサードリンク -----

 

リアルファーの洗濯実験

ファーの特徴

今回の実験対象はコートのフード部分のリアルファーです。
素材はタヌキ。

基本的にはリアルファーの洗濯表示は

水洗い不可!ドライ洗濯不可!とにかく不可!

一般家庭ではどうにもできない表示となっております。
ホームクリーニングは自己責任でお願いします。

ファーの特徴を調べてみると保温力・耐水性・通気性に優れているとあります。
耐水性に優れているなら、多少水に浸けても大丈夫そうです。

ただ、リアルファーは表面の太い毛の根元に、ものすごく細くて短い毛がビッシリ密集して生えています。
この極細の毛が少しの摩擦でも絡まって団子状になったり切れたりしやすいので水洗い不可となるのです。

高価なものほど、この極細の毛が密集しているので、自宅で洗濯するのは比較的安価なマフラーなどの小物だけにしておくのがよさそうです。

洗剤の選択

ファー部分は本体から取り外せるタイプだったので、コートとは別にファーのみで洗濯します。

洗剤として使用したのは普通の洗濯用の洗剤ではなく、人間用のシャンプーとコンディショナーです。

普通の洗剤を使うより、滑りが良いので私は摩擦が少ないほうが良いと判断したときに使います。

おしゃれ着用洗剤がない場合、ウールのセーターなどもシャンプーとコンディショナーで洗えます。
汚れ落ちも良いですし、型崩れもしにくいです。
一度お試し下さい。

洗濯実験開始

リアルファー
水に 浸けてしまっては、もう後戻りはできません。
初めての素材は緊張します。
人肌程度のぬるま湯にシャンプーを溶かし泡立てた中にファーを入れ。
優しく洗っていきます。
ファーを水の中でゆっくりユラユラ揺らす感じで洗います。

洗い終わったらタオルドライ(タオルにはさんで押さえる)
リアルファー2

水にぬれた猫のようにシオシオです・・・なんだか嫌な予感しかしません。

とりあえず、先にすすみましょう。

たっぷりのぬるま湯ですすぎ(お湯の中をゆっくり泳がせる感じ)

タオルドライ

コンディショナーを溶いたぬるま湯に2-3分漬けて

ネットに入れて洗濯機で脱水(タイマーは1分)

ドライヤーでかくる水気を飛ばします。

ハンガーにタオルを巻いたものにかけて陰干しします。

完全に乾いたら洋服用のブラシでブラッシング

(※ダウンジャケットのダウンは
乾いてない状態で触ると 切れやすいのでファーも同様に。)


完了です。
リアルファー3
ふわふわです。
明らかにボリュームUPしました!
手触りも格段に良くなりました。

洗う以外のお手入れ方法

今回の実験は成功でしたが、リアルファーの洗濯にはリスクが伴います。

やはり高価なものはプロにお任せした方が無難です。

そこで、普段の簡単なお手入れ方法をご紹介します。

蒸気で除菌&ボリュームUP

方法は簡単!
アイロンを浮かせた状態でファーにスチームショットを手早く浴びせます。
あとは乱暴にファーを振り回せばフワフワ状態になるんです!!

スチームアイロンがない場合は鍋にお湯を沸かして湯気に炙ります。
あとはアイロンと同じでファーを振り捌けば出来上がり。

※決して、アイロンを直接ファーにつけてはいけません!!

洗濯前こちらは使用前。
毛並みが寝てしまってボリュームがなくなっています。
これに蒸気を当てると表面に湯気を含む事で、潰れた毛が立ち上がるので
フワッフワになります。
除菌効果もあるのでオススメです。

リアルファー2

ボリュームアップしました。

良く乾いたあとで、洋服用のブラシをお持ちなら、毛並みを整えるとよりGoodです

※フェイクファーの場合は蒸気に当てると溶けちゃうので絶対にしないで下さいね。
実は、私はやっちゃった事があります。表面が溶けてそれはもう無残な状態になります・・・ご注意下さい

 

ブラッシング

やはり、洗濯を繰り返すのはリアルファーには負担が大きいと思います。
普段のお手入れはブラッシングがオススメです。
その場合、ブラシの毛は天然のもの選んでください。
天然毛(馬毛・豚毛)はホコリ取るだけではなく静電気除去にもなるので、ブラシをするだけでふわふわ感がアップします。
ブラッシングのコツは、こするのではなく表面を払う感じで手早く行いましょう。

フラッシングの方向は、ファーの場合、最初毛先に逆らって、仕上げは毛先に沿ってです。

実験結果と感想

今回の実験は成功です。

徹底的に摩擦を抑えた洗い方が良かったのだと思います。
自分でつかうリアルファーのマフラーも今までは蒸気で除菌していただけですが、これからはシーズン中は月1ぐらいでは洗いたいです。

ただ、やはりデリケートな素材です。
水にぬれた毛は非常にもろくなっていたようで、毛の状態を確かめようとしてつまんだ時にすぐに切れてしまいました。
とにかく優しく優しくがコツだと思います。

冬でもマフラーをした首元は汗をかきやすく、マフラーも汚れがちです。
まずは、ダメになっても惜しくないものから洗ってみて下さい。

 

☟こちらの記事もどうぞ♪

 

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

      2017/01/11

 - エイジングケア洗濯法, 洗濯実験