洗った衣類の収納方法

こんばんは、ハナです。

本日は、洗った衣類の収納方法についてです。

せっかくきれいに洗っても収納方法を間違うと型崩れしてしまったり、カビが生えてしまったりし最悪の場合は虫に食われてしまう場合もあります。
着る時に見つけてあわてないように、収納方法を見直しましょう。

 

衣類の収納方法は大きく分けて、つるす・たたむの2種類です。
素材によって使い分けましょう!

----- スポンサードリンク -----

 

保管方法は吊るす?たたむ?


コートやジャンパーはつるす

たたむと型崩れしやすいので厚みのあるハンガーにかけて収納しましょう。

厚みのあるハンガーがない場合はフェイスタオルなどをハンガーに巻き付けて厚みをだすと良いです。

麻や綿はつるす

シワがつくと取れにくい素材。
着る時に再度アイロンをかけるもの面倒なのでハンガーにかけて収納。

アイロンをかけた衣類はハンガーにかけてからしばらく扇風機などで風を通してから収納いたしましょう。
粗熱が残った状態でしまうと熱と湿気でカビが生えてしまったりシワがつきやすくなるので要注意です。

 

ニット製品はたたむ

つるすと伸びてしまったりするのでたたんで収納します(折り目のところに紙を筒状にまるめたものを入れると折りシワがつかなくて良いです)

クローゼットの湿気を取る

締め切ったクローゼットの中はカビやほこりの温床です。
衣類をギューギューにつけると、↑それらが喜びます。
出来るだけ衣類を間隔をあけて収納したり、こまめに扉を開閉して空気を入れ替えましょう。

クローゼットの中に向けて扇風機で風を送るのもカビ防止になります。

一度着用した衣類は出来るだけクローゼットの外に置きましょう。

 

正しい防虫対策

虫に好かれる衣料

大事な衣類を虫に食われるほど嫌な事はありません。
正しい防虫対策で虫を撃退しましょう!

基本的に虫が好むのは動物性の繊維です。
羊毛であるウールや蚕の繭から作られるシルクも大好物です。
コットンや化繊の繊維はあまり好まれませんが、皮脂や汚れがついていると、繊維の種類にかかわらず被害にあってしまいます。
衣替え時には、洗濯済みの物も一度洗濯し直してから片づけると、黄ばみや虫食い被害から衣料を守る事ができます。

効果的な防虫剤の使い方

一番効果が高い使い方は密閉性のあるケースに入れて使う事です。
カシミヤやウールなどはクローゼットにかけておくのではなく衣装ケースに入れて保存するのが良いでしょう。
その場合、衣料は縦収納で一番上に防虫剤を置くのが効果的です。

ウォーキングクローゼットなど密閉性を保てない収納場所には衣装カバータイプの防虫剤がオススメです。

暑い時期の衣替えにはエアコンを使いましょう

せっかく洗った衣料も、汗をかきながら片づけると虫たちの大好きな皮脂がついてしまいます。
湿気はカビをよびます。

衣替え時にはエアコンなどを利用して快適空間で行いましょう♪

 

 

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

      2016/10/02

 - 洗濯の基礎知識