傘の撥水力を蘇らせる方法

こんにちは、ハナです。

空気が湿気を帯びる季節になってきましたね。梅雨の到来で、雨の日が増える前に傘の手入れをしておきましょう(^^)

以前、レイングッズの手入れ方法を紹介しましたが、今回は効果的な防水処理などについて、前回よりも詳しく書いていきたいと思います。

 

 

興味のある方は、最後までお付き合い頂けると幸いです。

 

----- スポンサードリンク -----

 

 

傘を洗う

 

1度も傘を使ったことがない!という人はいらっしゃらないと思いますが、あなたは傘を洗ったことがありますか?

雨水は蒸発した水なので、決して汚れているわけではないんですが、雲から地上に落下する間に、ホコリや花粉、PM2.5や黄砂などの汚れを巻き込んでしまいます。

なので、あなたの大事な傘に雨粒が落ちる頃には、残念ながら、かなり汚れた状態になっているのです。その汚れた水を付着させたまま傘を放置すると、シミになったり、嫌な臭いが発生したりと、傘の寿命を縮めることになります。

大事な傘を長く使うために、お手入れしていきましょう!!

 

傘を綺麗に洗う方法

雨の日に使った傘は、晴れた日に開いた状態で陰干しにして、月に一度はしっかりと洗いたいところです。

 

P1020821
ホコリがついたまま、スポンジで擦ってしまうと、せっかくの防水コーティングが剥がれてしまう可能性があるので、まずは柔らかめのブラシで傘に付着したホコリなどを落とします。

 

傘3

 

ホコリを払ったら、中性洗剤(おしゃれ着用洗剤)を5倍~10倍に薄めて、スポンジで優しく傘の表面を擦り洗いします。(小さな子どもの背中を洗うようなイメージで)

 

P1020823

キレイに見えた傘も、けっこう汚れているものです。白いスポンジに傘の汚れが移ってスポンジが黒ずみました・・・

この黒ずみを放置すると、いざ傘を使おうと思って開いたときに、筋状のシミができていた…ということになりかねません。(--)

中性洗剤は洗浄力は弱いので、これで落ちないような汚れがある場合は、バスタブにお湯をためて酸素系の漂白剤に浸け込みます。

長く浸けすぎると金具が錆びる危険性があるので、様子を見ながら時間を調整します。20~30分ぐらいが最適だと思います。

 

 

P1020825

汚れが落ちたら、シャワーやバケツで洗剤を洗い流します。ここですすぎが足らず洗剤が残ってしまうと、シミの原因になったり、撥水力の低下にも繋がりますので、しっかりすすいでください。

泡が切れたら陰干しします。

 

傘

 

傘の骨を濡れたままにしておくと、錆びてしまったりもするので、陰干しする前にタオルなどで水気を拭いておくと安心です(^^)

 

securedownload

スッキリときれいに洗えました♪

しっかり乾いた後は、防水処理をしていきましょう♪

 

防水スプレーは何を選べばいいのか?

 

傘の撥水効果は、使っているうちにどんどんと弱まっていきますが、まだ傘が新しいうちは、ドライヤーの熱を加えるだけで撥水力が戻ることもあります。

現在発売されている布製の傘には、フッ素樹脂加工が施されている物が多いんですが、摩擦によって擦れて、フッ素樹脂加工の結晶の列が乱れることで隙間が生じてしまい、水滴が布に浸透してしまうのです。これが撥水力低下の原因なのですが、フッ素樹脂加工が残っている状態なら、熱を加えることで結晶が起き上がり、撥水力が戻ります。

フッ素樹脂加工

少し撥水力が落ちてきたなと思ったら、傘全体にドライヤーの熱風を当ててみてください。

反面、フッ素樹脂加工する必要なのないビニール製の傘には、熱風を加えても効果がないどころか、ビニールは熱に弱いので、むしろ逆効果です。ご注意を!!

 

 

防水スプレーの種類

 

熱を加えても、撥水力が戻らない場合は、傘を防水スプレーなどでコーティングし直す必要があります。

実は、防水スプレーには2種類ありまして・・・

・価格が安く、防水効果も長持ちする「シリコンタイプ」

・価格が高くて、防水の持ちは短いけれど、防水効果が高く汚れも防ぐ「フッ素タイプ」

どちらを選ぶかは、お好みです。

防水スプレーの実験をしてみますので、よかったら参考にしてみて下さい♪

----- スポンサードリンク -----

 

防水実験

実験に使用するのは、古い傘の布地(ブルー)と、新しい傘の布地(ブラックの水玉)の2種類。

・布地のコーティング無し。
・布地に熱風を当てる。
・シリコンタイプの防水スプレーを使用。
・フッ素タイプの防水スプレーを使用。

上記の方法で撥水処理を施した後、水に濡らして撥水効果を検証します。

防水加工無し

【古い布地の場合】

防水なし1-2

水滴が球状にならず、布に付着。

何もなし1-1

水滴を振り落とすと、少なくなりましたが、残った水滴は布地に吸い込まれてしまいました。

 

【新しい布地の場合】

何もなし1-1

水滴はキレイな球状にならず、すでに撥水効果が薄れているのが分かります。

何もなし1-2
水滴を振り落とすと、少し残りましたが、布の中に吸い込まれていく感じはありません。

 

ドライヤー

P1020817

ドライヤーで布地に熱風を1分ほどあてた後、水に濡らします。

 

【古い布地の場合】

ドライヤー2

何もしなかった状態とさほど変わらず・・・

ドライヤー2-1

水滴を振り落とした後、水滴は無くなりましたが、布地には水染みができていました。

 

【新しい布地の場合】

ドライヤー

水滴が比較的キレイな球状になっています。何もしなかった時に比べると、明らかに撥水状況は改善されています。

ドライヤー2-2

水滴を一度振り落とした状態です。
水滴もあまり残らず、綺麗に落ちました。
布地が新しければ、ドライヤーの熱風だけでも撥水効果を蘇らせることができるというのは、正しいようです。

 

シリコンタイプの防水スプレー

P1020819

今回使用したのは、「LION レインガード」
水洗い、またはドライクリーニングできる布地に使用可能です。本革や人工皮革には使えません。

布地全体に満遍なくスプレーして、10分ほど乾かします。

 

【古い布地の場合】

 

防水1-2
くたびれた布地でも、初めて水滴が球体に近い形になりましたヾ(*´∀`*)ノ
撥水効果が目で見ても確認できます。

防水2-1
水滴を一度振り落とした状態です。
キレイに水滴が落ちました。目でも見ると少し水が滲んでいた箇所もありましたが、撥水効果は十分だと思います。

 

【新しい布地の場合】

 

シリコン1-1

キレイな球状の水滴です。布を少し動かしただけで、水滴は転がり落ちていきます。

防水2-2

水滴を一度振り落とすと、ほとんどの水滴が落ちてしまいました。

 

シリコンタイプの防水スプレー

P1020818
今回使用したのは、「AMEDAS プロテクティプスプレー」
繊維1本1本に、フッ素系撥水・撥油剤をコーティングすることにより水分・ホコリ・油分等の汚れから守ります。

布・革製品に使用可能です。

布地全体に満遍なくスプレーして5~10分ほど乾かせて使用します。

 

【古い布地の場合】

フッ素2-1

これは、スゴイです!!古いくたびれた傘の布地でも水滴が完全に球状になっていますΣ(・ω・ノ)ノ!布地の上で水滴がコロコロと転がります!!

フッ素1-2
水滴を一度振り落とした状態です。水滴が完全になくなり、水染みもまったくありません!!
何もしなかった時の布地と同じものとは思えないです。

【新しい布地の場合】

 

フッ素2-2

少し動かしただけで、水滴がコロコロと転がって、ほとんど写真に収めることができませんでした。
よく見ると、布の上で小さな球体が浮いているように見えます!!

フッ素1-1

意識して水滴を振り落とすこともなく、布を少し傾けただけで、完全に乾いた状態になりました。

フッ素加工恐るべし!!

正直、これほどの違いが出るとは思ってなかったので、驚きました。

フッ素タイプは汚れの付着も防いでくれるので、梅雨の時期には非常に頼もしいですね(*´ω`*)

 

まとめ

 

実験結果だけ見ると、フッ素タイプの圧勝のように見えますが、実は倍ほどの価格差が生じます。。(amazon調べ)

 

 

フッ素タイプとシリコンタイプの最大の違いは、フッ素タイプは「汚れもガードできる」ということ!!

傘の場合はそれほど汚れないので、正直なところ安価なシリコンタイプでいいのではないかと思います。

シリコンタイプでも防水効果は充分得られましたしね(^^)♪

ただ、AMEDASは革にも使えるので、汚れやすい靴などを防水したい場合は、断然AMADASがオススメだと思います。

以上の結果を踏まえて、あなたの用途に合った防水スプレーを選んでくださいね。

 

本日は以上です。最後までお読み頂き、ありがとうございます。
また次回お会いいたしましょう♪

 

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

      2017/05/30

 - オススメ, 洗濯実験