100円均一ショップで購入できる「セスキ炭酸ソーダ」で、時間がたった黄ばみも手間なく撃退できます

補助剤・仕上げ剤

おうちクリーニング研究家のハナ(@hana_labnote)です。

『あのニュースで得する人損する人』でおなじみの<家事えもん>こと松橋さんが掃除などに使って話題になっているセスキ炭酸ソーダ。

テレビに感化されて買ったものの、私は掃除があまり得意ではなく使いれず・・

で!調べてみると衣類の黄ばみが取れるらしいので試してみました。

スポンサーリンク

 

洗濯実験(セスキ炭酸ソーダ)

セスキ炭酸ソーダは重曹と同じくアルカリ剤です。

セスキ炭酸ソーダは粒子が細かく、重曹のような研磨効果はありませんが、重要よりも水に溶けやすく、アルカリが強いため、油やたんぱく質の汚れをよく落とします。

重曹、セスキ炭酸ソーダともに汗などの酸性の汚れやニオイを中和します。

必要なもの

・水10L
・セスキ炭酸ソーダ 大さじ1
・黄ばみの激しいトレーナー

黄ばみの正体

油断すると現れる嫌な黄ばみの原因とは、落としきれなった汗などの皮脂汚れが酸化して変色したものです。

衣替時など着ない期間が長い時は2回洗濯してから保存するとずいぶん軽減されます。

しかし2度洗濯しようと3度洗濯しようと出てくる黄ばみもあるんです。

今回取り去りたい黄ばみは夫のトレーナーの首筋や背中・・・いや全面!!

夫の体からはどんな強力な油が出ているのでしょうか?

衣替え時には夫の衣料は2度洗いしていますが、日がたつにつれ、とうしても黄ばみが現れます。

黄ばんだ襟

全体にうっすらと黄色です。
(2度洗いしないと蛍光色のような黄色になります)

つけ置き後に洗剤を使って洗濯

10リットルにつき大さじ1のセスキ炭酸ソーダーを混ぜたものにトレーナーを浸け込みます。
浸け置き開始直後から、セスキ水に汚れが溶けて水が黄色く変色してきました。

汚れが衣類に再付着するのではないかという恐怖感で、セスキ水を1度交換して約30分ほど漬け置き。

30分ほど浸け込んだものを確認すると、肉眼では黄ばみは消えたように見えたので、次の段階へと移ります。

よごれがひどいものだとプラス30分、合計1時間ほど漬け置きます。

このまますすいでも良かったのですが、長期間(4-5ヶ月ほど)箪笥に寝かすので念のために浸け置いたあとにもう一度洗濯機で通常の洗濯をしました。

ちなみにその時に使用した洗剤は洗濯用の粉末洗剤。

洗い時間は8分。
すすぎ2回
脱水2分

洗いあがったら、ハンガーにかけて陰干し。

乾かすと↓こんな感じに!
きれいになった襟
驚きの白さという感じではないですが、清潔感は十分に感じる白さになりました。

 

セスキ炭酸ソーダで洗えないもの

セスキ炭酸ソーダはアルカリ剤なので絹やウール、アセテートなどのアリカリに弱いものは避けましょう。

洗濯方法が「浸け置き」なので、水に浸けると色落ちしてしまうものや一度水に溶けだした汚れが再付着しやすいポリエステルなどの化学繊維も避けましょう。

実験結果と感想

浸け置くだけで、衣類全体の黄ばみが軽減しました。

黄ばみに一番効果があるのは『ウタマロ石鹸』(100円ぐらいで売ってます)だと思ってます。

ただ広い範囲だと手洗いは結構面倒で手間がかかります。

セスキ炭酸ソーダの場合は時間はかかりますが、浸け込むだけで目を離していてもOKというのが手軽で使いやすいと感じました。

 

放置するだけで衣類全体の黄ばみを取ることがデキるというのはとても魅力的です。

ただ、黄ばみを取るという点で漂白剤のほうが優れているように感じました。

・科学的な洗剤にアレルギーがある。自然素材で洗いたい。
・小さな子供がいるので口に入れても安全な洗剤を使いたい

このような場合にはセスキ炭酸ソーダは非常に有効です。

必要に応じて使いわけると良いのではないかと思います。

 

本日は以上です。

お読みいただき、ありがとうございます。

あたなの楽しい洗濯ライフの参考にしてもらえると幸いです

コメント

タイトルとURLをコピーしました