キュレルから衣料用柔軟剤を使った感想!肌触り、吸水力、消臭、静電気防止効果を確かめました。

柔軟剤

花王の乾燥性敏感肌を考えたスキンケアブランド「Curél(キュレル)」から、2023年10月に柔軟剤が発売されました。ちくちくする衣類刺激を緩和する柔軟剤『キュレル衣料用柔軟剤』を実際に使って試しました。肌触り、吸水力、静電気防止、消臭結果を試した結果を公開します。

こんにちは、年間100種類以上の洗濯グッズを案件なしで試し、20年以上もコートやジャケット、革靴に至るまで自宅で洗う “おうちクリーニング(洗濯)研究家”のハナです。

\最新2024年の柔軟剤ランキングはこちら/

【2024年版】柔軟剤ランキング!30種類を実際に使って確かめた結果を公表します
【この記事を読んで解決できること】 ・2024年版市販の柔軟剤の比較 ・本当に香り長持ちする柔軟剤は? ・静電気防ぐ柔軟剤は? 世の中には無数の柔軟剤が発売されていて、自分に合った柔軟剤を探すのに苦労しますよね。当ブログでは、あなたに変わっ...

メリットもデメリットも忖度なしで公開しています。キュレルの柔軟剤が気になってる方の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

花王『キュレル衣料用柔軟剤』の特徴と概要

画像出典:花王キュレル公式サイトより

キュレルシリーズの特徴

肌には外部刺激から肌を守る機能が備わっており、その肌の機能を正常に働かせるために大切なのがセラミドという成分です。

セラミドが足りないと肌のカサつき、肌荒れ、かゆみなどの原因になります。

花王Curél(キュレル)は「Cure+Well」 (Cure=治療して、Well=良い状態に導く)という名前の由来を持っていて、肌の必須成分であるセラミドの働きを守り補う「セラミドケア」を特徴としています。赤ちゃんから大人まで使える安心で身近なブランドです。

そんなキュレルシリーズから新たに発売されたのが、肌への刺激にもなりうる衣類の摩擦を低減し、チクチクやゴワつきなどの不快感を緩和する「衣料用柔軟剤」です。

キュレル衣料用柔軟剤の概要

容量:500ml
使用量の目安:
水量30L(洗濯量1.5kg)の場合 10ml
購入価格:660円(税込)
洗濯1回のコスト:約13.2円
【成分】界面活性剤(エステル型ジアルキルアンモニウム塩、ポリオキシアルカンスルホンエーテル、ソルビタン脂肪酸エステル)、エチレングリコール、ジメチコン、塩化カルシウム、香料、クエン酸、防腐剤、シリコーン、アミノ酸系金属封鎖剤

成分的には同じ花王のハミング消臭実感ととても似ていて、他の柔軟剤ではあまり見かけないソルビタン脂肪酸エステルという界面活性剤が使われています。

ソルビタン脂肪酸エステルは食品や化粧品の乳化剤として使われることが多い成分です。

水量30L(洗濯量1.5kg)の場合のコストは13.2円。コストはドラックストアで購入できる一般的な柔軟剤の中ではコストは高めです。肌トラブルを感じていない方にとっては高価に感じると思います。

私自身が極度の乾燥肌で、普段からスキンケアやシャンプーにキュレルを愛用しています。なので今までキュレルを使ったきた印象から絶対的な安心感があります。

そんなキュレルから柔軟剤が発売されたのは嬉しい限り。とくに肌の乾燥が気になる冬は価格が高くても使いたいなと思ってしまいます。

香りは「ほのかな天然ハーブの香り」1種類。液体の時はシトラスとかユーカリのようなすっきりとした酸味のある香りですが、乾くと香りはほとんど残りません。

容器は不透明ですが、一部分だけ中身が見えるようになっていて、残量を確かめることがでできます。

キャップは10ml、20ml、30mlのメモリが付いていて、キャップ満量で46mlになっています。

『キュレル衣類用柔軟剤』の効果を確かめてみた

画像出典:花王キュレル公式サイト

『キュレル衣類用柔軟剤』は花王独自の「繊維なめらかラッピング技術」を搭載しており、柔軟成分が均一にムラなく繊維を覆うことで、衣類をなめらかに柔らかく仕上げます。

優しいだけでなく抗菌・防臭・花粉・静電気防止の効果もあるとこのなので、実際に試して効果を確かめます。

確かめ方は、柔軟剤を使った3種類の布を使って確かめます。

・綿のタオルを使って肌触りと吸水力を確かめる
・ウールの布を使って静電気防止効果を確かめる
・加齢臭を染み込ませた麻布を使って消臭力を確かめる
キュレルの柔軟剤だけでは、比較ができないので、以前に26種類の柔軟剤を比べたときに平均的だった柔軟剤Aと比べます。
コンパクト洗濯機に1200ccの水を入れて規定量の柔軟剤を溶かします。
ここに3種類の布を入れて10分回転後に脱水して干したものを使って検証します。

【テスト結果】『キュレル衣料用柔軟剤』の肌触り

4枚のタオルを積み重ねた高さでパイルの立ち上がり具合を確かめました。

水で洗っただけのタオルを2つ折りにして3枚分重ねた高さはどちらも5cm

柔軟剤Aを使った場合

5cm→8.5cm、しっかりパイルが立ち上がっています。この柔軟剤の場合はふんわりというよりは弾力がありハリがある感じの仕上がりです。

キュレル衣料用柔軟剤の場合

5cm→8cm、パイルの立ち上がりこそ、先ほどの柔軟剤に及びませんでしたが、パイルのキメは揃っています。肌触りはとろけるような柔らかさに仕上がりました。

乾燥肌でタオルで顔を拭くとヒリヒリするという方はキュレルの柔らかさが刺激少なめで好感触です。

スポンサーリンク

【テスト結果】『キュレル衣料用柔軟剤』の静電気防止効果

乾燥後のウール布をプラスチック(ポリプロピレン)に10回擦り合わせてポリエチレンの粒の中に入れます。ウールの布についたポリエチレン粒の数で静電気防止効果を確かめました。

柔軟剤Aの場合

摩擦を受けやすい布の中央にたくさんポリエチレン粒が付いてしまいまいた。これが花粉だと想像すると怖いですね。

キュレル衣料用柔軟剤の場合

布全体にしっかり静電気が防止されていて、布にくっついたポリエチレン粒はかなり少ないめ。

左が柔軟剤A、右がキュレル衣料用柔軟剤です。

これはピリエチレン粒を手で払ったあとの布。キュレル衣料用柔軟剤の場合は花粉や埃(ほこり)が付きにくく、付いてしまっても手で払うだけで簡単に取れるのがわかります。

静電気防止高価は海外の柔軟剤にも劣らない国内トップレベルです。

花粉やハウスダストが衣類に付くのをしっかり防いでくれそうです。

スポンサーリンク

【テスト結果】『キュレル衣料用柔軟剤』の吸水力

450gの水にタオルを入れて1分後に引き上げ、残った水の量で吸水力を確かめます。残った水の量が少ないほど吸水力があるということになります。

水だけの場合

柔軟剤というは繊維の表面を油膜のようなものでコーディングすることで滑りを良くしてふんわり仕上げるので、どんな柔軟剤を使っても吸水力は落ちてしまうんです。今回は柔軟剤なしパターンとも比べます。

柔軟剤を使わずに洗っただけのタオルの場合は1分間で97.3gの水を吸い上げました。

柔軟剤Aの場合

平均的な柔軟剤の場合は1分間で93.5g給水しました。水だけで洗ったタオルに比べて柔軟剤を使うとどうしても吸水力が落ちてしまいますね。

キュレル衣料用柔軟剤の場合

キュレル衣料用柔軟剤は1分間で91.8gの吸水力です。キュレルのなめらかな仕上がりの要となっている柔軟成分が均一にムラなく繊維を覆う「ラッピング技術」は給水力には裏目に出てしまったようです。

たっぷりの汗を素早く拭き取ることは苦手なようです。

【テスト結果】『キュレル衣料用柔軟剤』の消臭力

こっそりと培養している夫の加齢臭をつけた麻布で消臭力を確かめます。実際にニオイを嗅いでみるだけでなく、体臭チェッカーを使ってニオイを見える化していきます。

コニカミノルタ KONICA MINOLTA 世界初ニオイ見える化チェッカー Kunkun body(クンクン ボディ) 本体

洗ってない布の数値は38。少しニオイが気になりますとありますが、実際には鼻を近づけたくないレベルです。

柔軟剤Aの場合

柔軟剤Aの消臭力がかなり優秀ですね。洗剤を使わずに柔軟剤だけですが、ほとんど嫌な臭いは感じません。

キュレル衣料用柔軟剤の場合

ほとんど臭いは感じないものの、ほんの少し臭いに違和感を覚えます。鼻の良い人が布に鼻を近づけると臭いを感じるかも。ただ今回は洗剤を使わずに柔軟剤だけを使ってので、洗剤を使った場合は臭いを感じることはないんじゃないかと思います。

柔軟剤の香りは微かにしか残っていないので、強い匂いで誤魔化している感じは全くないの好感触です。

スポンサーリンク

『キュレル衣料用柔軟剤』を使ってみた結果 総合

キュレル衣料用柔軟剤の良かった点
・アクリルやポリエステルはまろやかな仕上がり
・ウールのチクチク感が軽減する
・静電気防止効果が高い
キュレル衣料用柔軟剤の残念だった点
・コスパが悪い
・吸水力
・香りが残らない
・ウールのチクチクが完全になくなるわけではない

キュレル衣料用柔軟剤の香りは、乾いてしまうとほとんど残りません。デメリットとして書きましたが、強い香りが苦手だったり、香水を使うので柔軟剤の香りを残したくないという場合はメリットになります。

1.5kgの洗濯物を洗う場合、洗濯1回の柔軟剤のコストは13円以上とドラッグストアで買える一般的な柔軟剤の中ではトップに高いです。家族が多いと使うのを躊躇するかもしれません。
ただ、極度の乾燥肌の私個人の意見としては、今まで愛用しているキュレルに対する信頼感があるので、個人的には高くても購入してしまいます。
私は首に乾燥性の湿疹ができてしまうんですが、キュレルの柔軟剤を使っている間は軽減するのを実感していて、特にふんわりと柔らかく仕上がったマフラーを巻く時は幸せを感じます。
コストが気になる方は、乾燥が気になる冬を間だけ、もしくは外部刺激が気なる素材を洗う時だけなど使い分けするのも良いのではないけと思います。
衣類による外部刺激が気になる方にはおすすめしたい商品です。
本日は以上です。お読みいただきありがとうございます。あなたの洗剤選びの参考になれば幸いです。
https://bloghana.xyz/2024/02/17/2024-fabric-softener/

コメント

タイトルとURLをコピーしました