キーピングとスムーザーどっちがいい?アイロンについてのまとめ

こんにちは!ハナです。

先日、久しぶりに洋服を購入しましたら、洗濯絵表示が新表示に変わってました。(※2016年12月に変更になりました)

見慣れるまでは、戸惑う人も多いと思います。
新表示と旧表示の絵表示をまとめて図にしましたので、よろしければご活用下さい(^^)

本日は、アイロンについてあれこれ書いていきますので、最後までお付き合い頂けると幸いです。

 

----- スポンサードリンク -----

 

アイロンに関する洗濯絵表

アイロンに関する洗濯絵表示は以下の通りです。

 

アイロン高温 picto_530 高温(180~210℃)でアイロン可
綿・麻など
 中温 picto_520 中温(140~160℃)でアイロン可
ウールなど
低温 picto_510 低温(80~120℃)でスチームなしでアイロン可
シルク・トリアセテートなどなど
当て布アイロン 当て布必須
※アイロンの中の「高・中・低」は温度の上限
 アイロン不可 アイロン禁止  アイロン不可

 

アイロン台の選び方

アイロン効率を上げるために注目したいポイントとして、実はアイロン本体よりもアイロン台が重要だと思っています。

大きく分けまして、アイロン台にはスタンド型と卓上型があります。
それぞれのメリットとデメリットを書いてみます。

スタンド型

【メリット】
・高さが変えられるので、自分の身長に合った位置に調整可能。
・立った状態でアイロン台を腰よりも低い位置に設定すると、効率よく力を加えることができるので、非常に楽。

【デメリット】
・大きいので、畳んでも場所をとる。
・価格が高い。

 

卓上型

【メリット】
・どこでも自由に持ち運びができて、好きな場所でアイロンがかけられる。
・コンパクトで場所を取らない。
・価格が安い。

【デメリット】
・床に座っての作業になるので、長時間の作業になると疲れれる。
・力を加えにくい。

 

舟形と人体型

 

人の形を模ったアイロン台があり、一見するとシャツなどのアイロンがけに便利そうですが、よほどピッタリ肩のサイズ・厚みに合ったものでないと、かえって調整が難しいので、私はあえて人体型を選ぶ必要はないと思っています。

シャツ以外のアイロンがけには不向きですし・・

 

スタンド式と卓上式どってがいい?

出しっぱなしにできるスペースがあるならスタンド式のほうがずっと楽ですし、綺麗に仕上げられます。
価格は高いですが、力を効率的に使えるため、しっかりプレスすることができます。その分、アイロンは安くて軽いタイプでも充分な効力が得られます。

ただ、使うたびにアイロン台を出す生活スタイルの場合は、スタンド式は重くて場所をとるので、現実的ではありません。
どちらのほうが効率的か、ご自身の生活スタイルにあったものを選ぶようにしてくださいね。

 

アイロン

コードレスとコードあり、あなたはどちらを選びますか?
コードが邪魔にならずに便利だ、という理由から、世の中の主流はコードレスになっています。(価格を高く設定できるという大人の事情もあるかもしれません)

だけど、本当にコードがない方が使いやすいのでしょうか?意外と使いにくい面もあったりします。

私は以前、コードレスを使っていましたが、買い替えの際にコードありに変更しました。
コードありは、私のアイロンがけのスタイルに非常に合っていて、買い替えてから今のところは、とても快適に使えています。

コードレスとコードありのメリットとデメリットをそれぞれ挙げてみますので、新規購入や買い替えの際の参考にして頂けると幸いです。

コードレス

【メリット】
・アイロンをかける際、コードが邪魔にならない。
・市場ではコードレスが主流なので、購入の際に選択肢が多い。

【デメリット】
・使っている最中、すぐに温度が低下してしまい、温め直すためのウェイトタイムが必要。
・常に充電スタンドを置くスペースを確保しないといけない。
・充電器には寿命があり、劣化していく。
・購入価格が高め。

コードあり

【メリット】
・常に通電しているので、温度が下がらない(シーツなどの大物も一気にアイロンがかけられる)。
・大量のスチームが使用可能。
・価格が安く、上位機種でも1万円以下で手に入る。
・充電スタンドがないので、コンパクトに使える。

【デメリット】
・アイロンをかけるときにコードが邪魔。
・購入の際に選択肢が少ない(店頭に置いていないことも多い)。

 

コードレスとコードありどっちがいい?

それほどおおきくないシャツなどをマメにアイロンがけする人は、コードレスでもストレスを感じることなく使えると思います。

逆に、週末にまとめてアイロンをかける人や、シーツなどの大物にアイロンをかけることが多い!という人は、コードありの方が断然効率が良いです。とにかく手早くアイロンをかけたい人もコードありがオススメです。

あなたのライフスタイルに合うのはどちらのアイロンでしたか(*´ω`*)?

 

 

キーピングとスムーザー。何が違う?

あなたはアイロンをかける時、仕上げ剤を使いますか?
私はシャツとシーツはのりをきかせてパリッパリにしたいので、必ず洗濯のり(キーピング)を使います。

アイロン2
アイロン用シワとり剤として、同じような用途の「スムーザー」があります。
どちらを使えばいいの?と、疑問に思われている方もいらっしゃるかもしれないので、両者の違いを挙げてみますね。

成分は以下の通りです。

【スムーザー】 【キーピング】
プロピレングリコール(安定化剤) 耐熱性ポリマー(賦形剤)
水溶性ポリマー(賦形剤) プロピレングリコール(安定化剤)
耐熱性ポリマー(賦形剤) 水溶性ポリマー(賦形剤)
シリコーン(平滑剤) シリコーン(平滑剤)
防腐剤 防腐剤
香料 香料

なんと、入っている成分はまったく同じです。違うのは配分だけですね!!

基本的に成分の配合量が降順で表記されるので、
、キーピングの方が耐熱性ポリマーの含有量が多いと思われます。
この「耐熱性ポリマー」とは何か?というと、主成分は「でんぶん」です。「のり」の役割を担っている成分ですね(^^)

「洗濯のり」とは、濃度が違うだけで、基本的には工作などで使う「水のり」と同じです。昔はでんぷんで作っていました。

なので、キーピングの方が、パリッと仕上がるように思います。
百聞は一見に如かず! 実際に確かめてみましょう♪

 

キーピング vs. スムーザー

麻のシャツに20cmほど離した状態で8回スプレーして、アイロンを5往復させてみました。

 

まずはキーピングから・・

仕上げ剤5

仕上げ剤6

おおむねキレイにプレスされています。

 

次はスムーサーです。

仕上げ剤2

仕上げ剤4

こちらもキレイにプレスされています。
若干ですが、スムーザーの方がキーピングよりも早くシワが取れた気がします。

後身ごろの広い面で、同じように試してみました。

仕上げ剤8
若干ですが、スムーザーの方が小じわが取れていますね。

質感はキーピングの方がハリが出て、しっかりとしています。
スムーザーの方はパリっというよりも、しなやかな印象です。

アイロン用仕上げ剤まとめ

それほど大きな差は現れませんでしたが、素早く綺麗に仕上げたいならアイロン用シワとり剤のスムーザー。
シャツなどパリッと仕上げたい場合や、少しくたびれた衣類にハリを蘇らせたい場合は、キーピングが優勢って感じですね(^^)

使い分けてもいいですが、どちらか1つに絞るならスムーサーがオールマイティでオススメです。

 

本日は以上です。どなたかの楽しい洗濯ライフのお役に立てれば幸いです。最後までお読み頂き、ありがとうございます。

当ブログに質問やリクエストのある方は、コメント欄やメールフォームにて、気軽にお問合せ下さい(^^)わかる範囲で答えていきたいと思っております。

また、寄せられた質問等は当ブログで紹介させて頂くこともあります。予めご了承願いますm(_ _)m

では、また次回お会い致しましょう。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています。

*役に立ったよとポチっと押して頂けると励みになります*
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ

      2017/09/10

 - 洗剤の基礎知識, 洗剤ランキング