ベルベティーン(別珍)の洗濯方法

こんばんは!ハナです。

リサイクルショップにて、ハイブランドのキッズ服を格安でGETしました(^^)V

%e3%83%99%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%ef%bc%91%e3%83%99%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%ef%bc%91-5恐らく、前の持ち主が自宅で洗濯されたと思うんですが、毛並みがばらばらに寝てしまって艶がなく毛足もバラバラでまだら模様のようになっています。
悲しいかなくっきりと洗濯バサミの跡も付いちゃってますね。
状態は良いとはいけませんが、洗濯でどうにかなるレベルなので一緒に綺麗にしていきましょう♪

まだ嫁入り前の一着なので全貌は明らかには出来ませんが、素材はベルベティーン(別珍)で女児用ワンピースです。
自宅洗濯で寝てしまった毛足を立ち上がらせる事が最重要課題です。

----- スポンサードリンク -----

ベルベット(天鵞絨)とベルベティーン(別珍)の違い

ドレスなど華やかな衣装に用いられる、立毛させて優雅な光沢をもつ素材ベルベット(天鵞絨)・ベルベティーン(別珍)はよく似た質感をもち、ベロアも加えてまとめてベルベット生地と呼ばれる事も多いですが、実は工程も原材料も全く違います。

ベルベット(天鵞絨)

素材はレーヨン・絹など、
非常に扱いづらい素材の為に、加工には高度が技術が必要。
そのため、ベルベットで作られた製品は高価になることが多い。
工程は2枚はぎ合わさったようになった素材を真ん中で切るって作られる。毛足は長め。毛が抜けやすくもあるデリケートな素材。

%e5%b7%a5%e7%a8%8b%ef%bc%92

ベルベティーン(別珍)

綿天鵞絨とも呼ばれる通り、素材は綿。
もともとはベルベットを模して綿で作れました。ベルベットよりも扱いやすく若干安価です。

工程はパイル状の素材を切りそろえて作られ、毛足はベルベットよりも短い。

%e5%b7%a5%e7%a8%8b%ef%bc%91jpg

近頃は自宅で洗えるものも増えてきました。

 

洗濯する前に

ベルベットはかつては、ヨーロッパの王侯貴族に好まれた毛足の長い優雅な風合いの素材で、現在はパーティドレスやお子様のおしゃれ着などに要いられる事が多く、高級感があって素敵な素材です。
その優雅な光沢を生み出すしなやかで長い毛先ですが、長時間着席すると毛並みが寝てしまったり、洗濯可の表示があったとしてもその風合いを損なわずに洗う事は難しい仕様となっております。

特にベルベットは洗うには、とても難しい素材が使われる事が多いですし、価格も高価なので自宅での洗濯は避けた方が良いと思われます。

今回洗うのはベルベティーノ(別珍)ですが、お手入れ法などはベルベットとも共通です。
ベルベットの場合は、洗うのはクリーニング店にお願いし、普段のお手入れだけを自宅でする事をオススメします。

 

ベルベティーン(別珍)の洗濯

ベルベティーンは綿素材のため、布地自体は丈夫なのですが、立毛素材は仕上を間違うと残念な事になってしまうので丁寧に洗っていきましょう。

洗濯絵表示

%e5%88%a5%e7%8f%8d%e7%b5%b5%e8%a1%a8%e7%a4%ba液温の上限30℃で手洗い可・漂白剤厳禁・アイロンは中温で当て布必須

洗濯開始

手洗い表示があるときは、洗剤はおしゃれ着用を選択します。

立毛素材は仕上にアイロンを直接あてる事ができないため、シワが付きやすい洗濯機ではあらえません。
少し面倒ですが、手洗いいたしました。

手洗いと聞くと、大変なイメージがあるかもしれませんが、基本はつけ置きなので以外と簡単です。

容器におしゃれ着用洗剤を時入れ、洗濯物を入れて約20分放置したあと、タップリの水ですすぎます。
すすぎは2-3回、水が濁らなくなったらOKです。

風合いを蘇らせるために毛先をふんわりと仕上げる必要があります。
必ず柔軟剤を使いましょう♪

柔軟剤に10分ほど漬け込み、最後に1分だけ洗濯機で脱水します。

形と毛並みを整える

アイロンが直接かけられない素材のため、極力シワを作らないのが重要です。
脱水したらすぐに洗濯機から取り出し、形を整えます。

形を整えたら、濡れている状態で洋服ブラシをかけて毛並みを整えます。

p1020008

表面をなぜるような感じで優しく上から下へと1方向にブラッシングします。

このひと手間で仕上がりに差がでますので、必ず行って下さい。

洋服ブラシは非常に便利なアイテムですので、お持ちでなけれお買い求めいただければと思います。
獣毛100%の柔らかめのものがオススメですが、100円ショップでも手に入ります。

干す

出来れば、肩に厚みのある洋服に合ったハンガーにかけて(なければタオルを巻くなどして調整すればOK)、直射日光にあたらないように吊り干しします。
洗濯バサミを使うと確実にくっきりした跡がついてしまうので厳禁です。

平干しも毛を寝かせてしまうのでやめた方が良いと思います。

 

仕上

アイロンのマークは中温で当て布必須となっていますが、中温でも布に直接アイロンをかけるとせっかくの毛が寝てしまうので、
対象布から1cmほどはなし、スチームを当てる程度にした方が良いかと思います。
どうしてもシワを伸ばしたい場合は、厚手のタオルなどを引いた上に素材を乗せて、裏からアイロンをかけるようにすると良いです。

最後は再び洋服ブラシで毛並みを整えて出来上がりです(^^)

ベルベットなど洗濯出来ない素材も、スチームアイロンをして、ブラシをかけるだけでかなりスッキリします。
着用したらお手入れをするというようにすると衣類を長く綺麗に着られます。

%e3%83%99%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3%ef%bc%92

洗濯ハサミも跡も綺麗に消えて、光沢も蘇りました。
白っぽかったところも綺麗な濃紺に仕上がりました♪

収納

基本的には吊るして収納します。
仕舞う前には必ずブラシイングして洋服カバーを使用すると、久しぶりにクローゼットから出すと、毛先が寝てしまっていたなんて事にならなくて良いです。

どうしても折りたたんで収納する場合は折り重なる部分に柔らかな布を入れ、一番上になるように収納すると、折ジワや毛先の倒れを軽減できます。

 

秋は、お子様の発表会などで大活躍するベルベティーン(別珍)、家で綺麗に洗えるようになると食事会などにも躊躇なく着せてあげられますよ(^^)

 

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

   

 - エイジングケア洗濯法, 洗濯実験