トリアセテートの洗い方。綺麗に洗うコツは脱水です。

デリケート衣類

こんにちは、おうちクリーニング研究家のハナです。

本日はあまり聞きなれないトリアセテートの洗濯法です。

 

スポンサーリンク

トリアセテートとは

天然のセルロースを原料とし、酢酸で作用させて作られた半合成繊維です。
似た性質の素材として、アセテートがあります。

 

・絹のような光沢がある。
・保温性・吸湿性・弾力性に優れている。
・しなやかで美しいシルエットを作ることが出来る。
・熱を加えると、その形が固定される特徴を持つ。
・強度と摩擦に弱い
・濡れた状態でシワがつくと取れにくい
・アルカリ性に弱い

スポンサーリンク

洗濯実験開始

【必要なもの】
・ドライ用洗剤(おしゃれ着用洗剤でも可)
・乾いたバスタオル

シワがつきやすい素材ですが、熱に弱いということで高温でのアイロンは使えません。

洗濯時にいかにシワをつけずに洗えるかというポイントになります。

実験素材を手にしたときの印象印は色はくすんだ赤で重たい感じ。
だけどこのブランドはスモーキーカラーが特徴なのでくすんで黒いのか、そもそも初めからこんな色なのか洗い上がりがとても楽しみでした。

目立つシミはありません。

主な素材はトリアセテート。

洗濯表示マークを確認する

トリアセテート75%
ポリエステル25%

洗濯絵表示は以下の通りです。

漂白表示

アイロン低当て布

ドライ可

水洗いよりもドライクリーニング推奨のマークがつけられています。

塩素系漂白剤不可、

アイロンは低温でのみ使えます。

洗剤はドライ用、もしくはおしゃれ着用

水洗い不可のため、ドライ洗濯用の洗剤を使用します。
家庭用ドライ洗濯用の洗剤は水を使いますので、自己責任のうえ進めていきます。

私が愛用しているドライ用洗剤は「ハイベック」という商品です。
ドライ用洗剤のなかでも洗浄力は信頼できます。

ハイベックは弱アルカリ性の洗剤なので、本来はアルカリ性に弱い素材は使えないのですが、ハイベックの場合は、水につける時間が極端に身自体ため、ウールやシルクなどアルカリ系の洗剤に弱い素材も安心して洗えます。

 

ハイベックがない場合は中性洗剤の「おしゃれ着用洗剤」を使います。

 

脱水はせずに濡れたまま干す

衣類がつかるぐらいの水を入れた容器に規定量のハイベックをよく溶かし、ハイベック液を作ります。

そこに対象衣料を沈め、つけおき時間は5分。

デリケートな繊維なので、あまり摩擦を与えないように擦ったりはせず、つけ置きのみとします。

おしゃれ着用洗剤を使用した場合は20分ほどつけおきます。

たっぷりの水ですすぎます。
すすぎは水を替えて2回。

 

水にぬらした状態でシワを作ると取れにくいという特徴を持つ素材なので脱水はせずにタオルドライのみで、濡れたまま影干しします。

タオルドライとは、バスタオルなどで軽く水分を拭き取ることです。

 

干し方

洗濯絵表示には陰干しの表示はありませんでしたが、色柄(特に赤)は太陽光で変色しますので、すべて陰干しがオススメです。

丸いランドリーピッチを使って着用時に近い状態になるようにしてシワが極力つかないように干しました。

仕上げ

アイロンは絵表示に従って低温で、当て布必須です。

乾いた時点では、アイロンなくてもいいかな?ぐらいでしたが、低温で軽く手早くかけました。

熱を加えると、形が固定される性質を持つ素材のため、下手なアイロン皺はつけられません。
注意しながらアイロンをかけます。

この場合当て布は下が透けるメッシュタイプのものがオススメです。(100円ショップなどで購入可能)

スポンサーリンク

実験結果と感想

トリアセテート

ドライクリーニングでは油溶性の汚れは落とせますが水溶性の汚れはおとせません。
なので、ドライクリーニングだけを繰り返した衣料はどうしてもくすみがちです。(クリーニング店によっては水洗いを受け付けてくれるところもあります)

ドライ用洗剤のハイベックは油溶性も水溶性のよごれも両方落とせるので、くすみがとれて、色が蘇ったように感じる事があります。

今回もスモーキレッドだと思っていましたが、洗うとかなりマットな赤になりました。
かなり綺麗な赤です。

トリアセテート2
とても満足のいく仕上がりになりました。

トリアセテートはシワがつくと取れにくいので、シワができやすい脱水をせずに、濡れた状態で干すと失敗を防げて、綺麗に洗えいますよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました