ムートンブーツを洗う方法とハイベックQ&A

こんにちは!ハナです。

寒い冬に大活躍するムートンブーツですが、自宅で洗うのを躊躇する人も多いのではないでしょうか?リアルムートンの洗濯はプロに任せた方が安全かと思いますが、フェイクムートンの場合は自宅で洗える物が大半です。

本日は、フェイクムートンのブーツを洗いつつ・・

最近、問い合わせが増えてきた、ハイベックについて少し詳しく書いてみたいと思います。

 

お時間よろしければ、最後までお付き合いください。

 

 

ムートンとは

本来のムートンは、羊の毛皮のことです。保温性が抜群で、温かいのが特徴です。デメリットは、重さでしょうか。なので、最近は軽いフェイクムートンの方が主流です。

フェイクムートンとは、その名の通りムートンに似せて人工的に作られたもので、スエードっぽい素材とフェイクファーを合成して作られます。

素材はポリエステルが多く、本物と比較して軽く扱いやすい反面、温かさでは劣ります。

 

ムートンブーツを洗う

今回の洗濯に使用したのは、無印良品のフェイクムートンブーツ。洗濯絵表示がないので、素材の正確な情報は不明ですが、触った感じはポリエステルですね。

確信が持てないので、オールマイティに安心して使えるドライ洗濯用のハイベックを使いますが、ポリエステルだと分かっている場合は中性洗剤、またはシャンプーを洗剤代わりに使ってもいいと思います。

ただ、中性洗剤は洗浄力が弱いので、どちらかでいえばシャンプーを推奨します。

 

 

あまり汚れていないようにも見えますが・・・

 

つま先が薄っすら黒ずんでいます。

洗う前に軽くブラッシングして、埃や土汚れなどを取り除いておいてください、

あと、どの洗剤をチョイスするにしても大切なのは、ムートン生地を入れる前に洗剤を水によく溶いておくことです。

ムートンを入れた後に洗剤を入れるとシミになる危険性が高いので、ご注意ください。

洗剤液がムラに付着しないように、深いバケツを使用するなど、全体が水に浸かるように工夫してください。
写真のような縦に長い容器を使用すれば、靴の底を上にして逆さまに入れると浮いてこないので、好都合。

ハイベックであれば約15分ほど、中性洗剤やシャンプーの場合は1時間?2時間ほど浸け込みます。

途中で汚れの落ち具合を確認しながら、汚れが落ちていない場合はブラシなどを使用し、洗剤液の中で汚れが残っている部分をブラッシングしながら落とします。浸け込んでいる間に汚れが浮いているので、軽くこするだけで落ちやすくなっているハズです。

その後、泡が完全に出なくなるまで、念入りに流水ですすぎます。

仕上げに柔軟剤を使うと乾いた後に静電気が起こりにくく、また埃も付着しにくいので、オススメです。内部のボアもフワフワになるので、履き心地も気持ちがいいですよ。

柔軟剤を溶かした液に5分程浸け置きしてから水気を切ります。

干すときのコツは、定番ですが・・ブーツの中に丸めた新聞紙を詰め込むこと。新聞紙が水気を吸ってくれるので、早く乾きますし、型崩れも防いでくれます。

ちなみに新聞紙を入れない場合、完全に乾くまで2?3日を要しますが、新聞紙を入れると冬でも1日ほどで乾きます。

※途中で中の新聞紙を取り換えるとさらに早く乾きます!

干すときに便利なのが、100円ショップなどでも売られているレインブーツ用のハンガー。

ブーツを引っかけて吊り干しできるので、これも干す時間を短縮するのに役立ちます。

いかがでしょう? なかなか綺麗に仕上がったのではないでしょうか。あまり汚れていないようにも見えましたが、洗濯前の写真と見比べてみると、かなりくすんでいたことが分かります。

最後の仕上げとして、ブラシで毛並みを整えてください。

気になっていた爪先の汚れもスッキリと落ちて、形も綺麗に整いました(*´ω`*)


中のボアもフワフワで、肌触りも蘇りましたよ

ムートン生地は埃や汚れが付きやすく、また保温性が高いので、内部は汗による臭いなども気になるでしょう。

それほど洗うことは難しくないので、月に1度は洗濯し、気持ちよく履きたいですね。

 

 

ハイベックという洗剤

今回の洗濯に使用したのは、ハイベックというドライ洗濯用の洗剤です。

このハイベックに関する問い合わせが非常に多いので、少しまとめておきますね。

ドライ洗濯専用の洗剤ですが、基本的には何でも洗えます。

主成分は、新石油系ノルマルパラフィン。
使用方法は水に溶かし、その液に数分つけ込むことが基本。
水に溶ける石油を使うことで、水溶性・油溶性の汚れを落とし、タンパク質分解酵素によって不溶性の汚れを取り除きます。

ドライクリーニングは、油溶性の汚れには強い反面実は水溶性の汚に弱いんです。

ハイベックの場合、それらを両方同時に落とすことが可能なので、何度もドライクリーニングを繰り返し、くすんでしまった洋服なども、1回つけ込むだけで一皮剥いたように色鮮やかになります。

ハイベックを使用すると色が蘇る、などという使用感をレビューサイトなどでは頻繁に見かけますが、実際くすみが除去され、はっきりと色が浮かび上がってくる、というのが原理です。

 

衣類に優しいわけ

ハイベックは衣類に優しく、ハイベックを使い始めて以来、自宅での洗濯では型崩れしやすいと言われているニットの縮みなど、そのようなダメージを目立って感じたことがありません。

それは、ハイベックの強力な洗浄力に由来します。おしゃれ着用洗剤を使った場合、数時間程度つけ込まなければいけないことに対し、ハイベックであれば5?20分つけ込むだけ。

薄手の下着など 2?5分
ニットやジャケットなど 5?10分
コートや毛布など 10?20分

洗浄力の高さで洗濯時間を短縮し、衣類に無理なテンションを加えることなく、ダメージを最小限に抑えることができるのです。

 

ハイベックは高価?

ドラックストアでも買えるので、非常に遭遇率の高いドライ用洗剤ではあるものの、ハッキリ言って・・・ハイベックは高いです!

ドラッグストアでは、5,800円?4,800円(1,100g)ほどで販売されています。

ネット販売の最安値でも3,480円(2018年1月現在のAmazon価格)

1回の洗濯に使用する量は、付属のスプーン1杯分(10g)

規定の量でハイベックを使い切った場合、約110回の洗濯が可能ということになります。

 

ハイベック10gで洗える枚数 コスト
セーター(3?4枚/回) 14円/枚(最大数で洗った場合)
スーツ(1?2枚/回) 27円/枚(最大数で洗った場合)
コート(1枚/回) 53円/枚

 

ハイベックは得か?損か?

クリーニングに出すことを考えると経済的ですが、基本的には手洗い専用の洗剤です。洗濯機よりも手間はかかります!その手間を考慮して、大容量のハイベックを使い切る自信があるのであれば、本当に格安です。

ハイベックを使って得をするか損をするか・・・それは、使う人次第です。

私はこの洗剤に惚れ込んで、家で洗えない物は無くなりました。

 

ハイベックの選び方

ハイベックには様々な種類が存在しますが、一般家庭で使うのであれば、最もオーソドックスな「ハイベックゼロ」で充分だと思います。

そして、他のプレイミアムな洗剤を買うよりも・・・

ハイベックゼロの仕上げ剤(洗濯のり)を併用すると、秀逸なまでにハリと光沢を蘇らせてくれるので、余力があればオススメです。

 

 

本日は以上です。どなたかの楽しい洗濯ライフのお役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログに質問やリクエストのある方は、コメント欄やメールフォームにて、気軽にお問い合せください(^^)わかる範囲で答えていきたいと思っております。
また、お寄せいただいた質問などは、当ブログで紹介させていただくこともあります。予めご了承願いますm(_ _)m

      2018/01/22

 - ポリエステル, 冬もの, 小物類, 洗剤