汗臭いなんて言わせない!夏の汗対策!!

こんにちは、ハナです。

日に日に暑さが増していますね。
汗をかく季節は汗の臭いに敏感になる人も多いのではないでしょうか?

本日は、汗に関する臭いや黄ばみについて書いていきたいと思います。
以前にも「汗と戦う洗濯法」として書いたことがあるのですが、もう少し突き詰めてみたいと思っています。
よかったら最後までお付き合い下さい(^^)

----- スポンサードリンク -----

臭いはどこから?

人間の汗には、アポクリン汗とエクリン汗の2種類があります。

エクリン汗は、皮膚表面の浅いところにある汗腺がから出る汗です。

成分の99%は水分なので、サラッとしていて、基本的には無臭です。

アポクリン汗は汗を分泌する汗腺が毛穴と同じ位置にあり、、タンパク質・脂質・糖質・アンモニア・鉄分などが含まれます。
栄養が豊富な分、菌も繁殖しやすく、独特の臭いを発する傾向にあります。

体臭の強い人はこのアポクリン汗を多く分泌する人と言えます。

太古の昔、アポクリン汗はフェロモンとして異性を惹きつけるために重要でしたが、人間がパートナーを選ぶ上で嗅覚に頼ることが減り、したがって強い臭いは腋臭(わきが)などと呼ばれ、無臭を良しとする日本では「嫌なもの」として認識されるようになってしまいました。

アポクリン汗の方は、少々やっかいではありますが、どちらも原因は汗に付着する菌です。洗濯で防げるものなら防いでいきましょう(^^)

まずは素材選びから・・・

 

夏の衣類は素材選びが重要!

汗が臭うというのは、衣類に染み込んだ汗から菌が繁殖してしまうのが原因です。体臭が弱い人でも素材よっては臭ってしまうという場合もありますので、夏の衣類は素材選びも重要です。

化学繊維と汗は相性最悪

ポリエステル

化学繊維とは、石油を原料とした合成繊維のことを言います。ポリエステル、ナイロン、アクリル、レーヨンなどが主な素材です。

ポリエステルを使用した夏向けの衣料は、ひらひらと涼しげで素敵なのですが、吸水性と通気性が悪いというのが特徴で、衣服の中が蒸れやすく、菌を増殖させやすい素材といえます。

最近では機能性ポリエステルといって、スポーツ衣料として速乾性のあるものが販売されていますが、体臭が弱い人には効果的な反面、、体臭が強い人には向きません。

臭いの根源である菌を残し、水分だけが蒸発すので、汗の臭いがより強調されることがあるからです。

どうしてもポリエステルが着たいという場合は、必ず抗菌処理の施されたものを選ぶか、インナーに気を使うようにした方が無難です。

 

サマーウール

ウールといえば冬のイメージですが、夏用のスーツなど、夏向けの衣類にもよく使われています。
汗をよく吸収し、ある程度吸収したら今度は水分を蒸発させます。このとき、体温も奪っていく気化熱と呼ばれる現象がおこります。そのためウールは夏も涼しく着ることができ、汗の臭いも付きにくいのですが、1つ難点があります。

それはアルカリ性に弱い、という性質です。
汗というのは酸性です。酸性の汚れを落とすのに有効なのはアルカリ性の洗剤なのですが、ウールはアルカリ性に弱い素材ですので、使えません。

サマーウールを着る場合は、意識的にインナーを着用して、汗汚れをつけないように予防されるのが賢明かと思います。

 

麻(リネン)

夏向き衣類の代表的な素材ですが、サマーウールと同じ理由で向きません。
こちらも、インナー着用をオススメします。

 

汗の臭いを予防するには綿素材が最適

汗の臭いを予防するという面において、最も適しているのは綿100%です。
吸水性、通気性にすぐれている上に、アルカリにも強いので、酸性の汗汚れに効果的な弱アルカリ性の洗剤を使えます。

夏に化学繊維やサマーウール、麻を着る場合にも、綿100%のインナーを着込めば、臭いを気にしなくてもよくなります。
特にポリエステルなどが含まれた衣類に汗の臭いが移ってしまうと、洗濯で落とすのは難しくなってくるので、可能な限り汚れや臭いをつけないようにするのが重要です。

綿は汚れてもしっかり洗えますし、汗の臭いも防ぎますよ~!!

体臭が強い人の他にも、夏になると汗疹が酷くなるという人は、
綿素材のインナーを試しに着用してみて下さい。

たくさん汗をかく赤ちゃんの衣料は、ほとんど綿100%です。それだけ綿は汗を吸う素材という裏付けにもなりますね。

私は夏になると肌荒れに悩まされてきたんですが、綿のインナーを着用するようになってから、症状が改善されました。オススメです♪

ただ、綿素材は速乾性に劣るところがあるので、体臭は強くなくても汗っかきな人は、機能性ポリエステルなどの速乾性にすぐれたインナーを選ぶのもありだと思います!!

 

----- スポンサードリンク -----

汗の臭いをしっかり落とす洗濯法

汗は基本的に無臭です。なのに、なぜ臭うのか・・・それは、汗をエサとする菌が繁殖するからです。

ざっくりいうと、汗が付着した汚れた衣類が臭うのです。

なので、しっかりと汗汚れを落とさないと、汗汚れが蓄積し、臭いの原因となる菌がどんどん繁殖してしまいます。

 

洗濯物はすぐに洗う

汗を吸った衣類は、できるだけ早く洗いましょう。
すぐに洗えない場合は布用の除菌スプレーなどで除菌し、風通しの良い場所に置き、よく乾かしておきましょう。

 

洗剤は弱アルカリ性

先ほども少し触れましたが、汗の臭いの原因となるのは醋酸(さくさん)や、酪酸(らくさん)という酸性成分なので、(体調によってアルカリ性のときも)洗剤は酸性を中和させる弱アルカリ性が有効です。

弱アルカリ性の洗剤とは、おもに粉末洗剤に多おいのですが、液体洗剤を使用したい方は、「洗濯科学のアリエール」「ラボン ルランジェ」などが弱アルカリ性の洗剤になるので、意識してみて下さいね。

すすぎ1回タイプの洗剤でも、夏場はしっかり2回すすいだ方が汚れはしっかり取れますよ(^_^)/

 

特に、特に体臭を気にされている方にオススメなのは、花王のアタック 消臭ストロング 粉末 900gです。


ドラッグストアでも売っていますが、洗濯洗剤売り場ではなく、介護用品の売り場に並べられていることが多いです。
少々割高ではありますが、消臭効果は一押しです!!

 

漂白剤をプラスする

洗濯機で洗う場合、洗濯洗剤に酸素系漂白剤をプラスすると、より汚れが落とせます。
ただ、毎回漂白剤を使うと色落ちが心配なので、数回に1回にするとか、下着だけにするとか、工夫が必要です。


酸素系漂白剤は液体でも粉末でもよいですが、汚れをよく落とすのは粉末です。

私のオススメの酸素系漂白剤は、オキシクリーンという漂白剤です(^^)洗濯だけではなく、掃除にも使えるので、1つ持っていると重宝します。

 

黄ばみ防止には浸け置き

衣類がよく黄ばむという人は、酸素系漂白剤か重曹に浸け置きするが有効です。

漂白剤によって決められた量を熱めのお湯(40℃以上)に溶き、1時間ほど浸け置きしてから洗濯機に入れます。

洗濯6

漂白剤が苦手は人は重曹でもOKです♪

 

黄ばんでしまったら

img2

最も黄ばみに効くのは、ウタマロ石鹸です。ウタマロ石鹸さえあれば、白物の黄ばみなら大体は落ちてしまいます。

黄ばんだ衣類を濡らし、ウタマロ石鹸を擦り込み、もみ洗するか、洗濯機に入れればOKです。

ウタマロ石鹸はどこのドラッグストアでも100円前後で売っていますので、黄ばみに悩んでいる人は是非お試し下さい♪

ただ、ウタマロ石鹸には蛍光増白剤が入っているので、パステルや生成りの素材には不向きです。

その場合は、酸素系漂白剤(液体)+重曹がオススメです。

漂白剤+重曹

容器を詰め替えてしまっていますが、使用しているのは花王ワイドハイター(液体)です。

洗濯
酸素系漂白剤(液体)と重曹を1:1で混ぜ合わせて、ペースト状にします。

洗濯2
黄ばみのある個所に直接塗り込みます。

洗濯3
鍋やヤカンにお湯を沸かして、ペースト漂白剤を擦り込んだところに蒸気を当てます。私は素手でやっちゃってますが、火傷の危険があるので、厚手のゴム手袋をした方が安全です。

蒸気を当てて、水で重曹ペーストを洗い流します。

汚れの具合を見ながら何度か繰り返して下さいね。

洗濯4

画像では分かりにくいかもしれませんが、半分だけペースト漂白したあとに洗濯機で洗濯しました。
黄ばみはスッキリ落ちています。

 

 

暑い日にオススメのスプレー

 

私は、片道30分の自転車通勤をしています。出勤時間がお昼頃なので、暑さ対策をしっかりしないと熱中症になってしまうんですが、去年から使っているひんやりシャツシャワーがかなりオススメです♪


去年から使い始めてまして、出勤前にスプレーして行くと、1-2時間ほどは、かなり涼しいです。

洗濯5
シャツに触接スプレーします。

自転車通勤ですので、私は制服を着て出勤しております(^▽^;)画像のシャツがその制服です・・・

以前は着替えを持って行っていたんですが、このスプレーを使うようになってから、出勤時間は涼しいですし、消臭力も強いため、汗の臭いを気にすることなく爽やかな気分で仕事に入れるので、今は家から制服を着て行っちゃいます(;^ω^)モノグサでスイマセン・・・

昨年はグレープフルーツの香りを使ってまして、今年は東急ハンズでスイカの香りを見かけてかなり悩んだ結果、今年もグレープフルーツにしちゃいました。さわやかで涼しげな香りですよ♪

本日は以上です。これから暑くなるので、汗に負けず爽やかに過ごしたいですね。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。また次回お会いいたしましょう♪

ひんやりシャツシャワー 本体(500mL)【ひんやりシャツシャワー】
by カエレバ

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています

      2017/05/22

 - オススメ, 洗濯の基礎知識