ユニクロのウルトラライトダウンを綺麗に洗って仕上げる方法

こんばんは、ハナです。

ユニクロさんのウルトラライトダウンは日本の冬を変えましたね!
それまで、ダウンジャケットってモコモコと着ぶくれするという印象でしたが、ウルトラライトダウンはジャケットインナーとしても使えるほと薄く、空気のように軽くて温かい。

小さくたたんで専用の袋に入れると手のひらに収まりそうなコンパクトサイズになります。
バックに忍ばせておいても良いサイズです。

%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3
冬でも綿コートやトレンチコートを躊躇なく着られるようになったのは、ウルトラライトダウンのおかげです。

サラリーマンの方はスーツのジャケットの下に着ている人も多いのではないでしょうか?

私の母は家の中でベストタイプのものをエプロン代わりに愛用しているそうです。

使い方もバラエティーにとんでいて、おそらく一家に一枚はあるのではないかと思われる便利アイテムです。
だけど価格が安価なだけに高いクリーニング代をかけたくないという人は多いのではないでしょうか?

本日は、そんなウルトラライトダウンの上手は洗い方と仕上方をご紹介させていただきます。

----- スポンサードリンク -----

ウルトラライトダウンの素材

表地 ナイロン100%
中綿 ダウン90%、ファザー10%
裏地 ポリエステル100%

ちなみにダウンとフェザーの違いが以下の通りです。

ダウン

水鳥の胸のあたりの羽毛の事をいいます。
見た目はフワフワとした綿毛のような感じで、吸湿性や湿度の発散性に優れていて、軽くて暖かい。

フェザー

水鳥の翼のあたりにある、いわゆる芯のある羽根です。
弾力に優れていて、型崩れを防ぐために一定量のダウンを入れるのが一般的です。

ウルトラライトダウンの絵表示

%e3%82%a6%e3%83%ab%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e7%b5%b5%e8%a1%a8%e7%a4%ba漂白ダメ、アイロンダメ、ドライクリーニングダメ
手洗い可・平干し陰干し推奨

ダウンジャケットを自分で洗うという人は多くはないと思いますが、ダウンジャケットの原料は水鳥の羽毛なので実は水に強く、自宅で洗えるものも多いのです。
一度お手持ちのダウンジャケットの絵表示を確認してみて下さい。

個人的には表地がビニールやポリエステルならば、水洗い不可表示であっても私は洗ってしまいます。

 

洗濯開始

ダウンジャケットの素材である水鳥の羽根はドライ溶剤とは相性が悪いため、洗剤は中性のおしゃれ着用を使います。
手洗い表示ではありましたが、今回は洗濯機を使います。

コースはドライ(ウールなどをあらうコース)が最適です。

ちなみに今回使用したのはエマールです。

下準備

汚れのある箇所に洗剤の原液を付けてなでるようになじませます。
汚れがひどい場合は軽くこすって汚れを落としてください。
襟、袖口、前身ごろが汚れやすいかと思います。

ある程度汚れがおちたら、ジャケットのボタンやシッパーがすべて閉じているか確認し、汚れのある面が表面にくるようにたたみます。
たたんだジャケットをくるむようにバスタオルを巻きます。

※バスタオルを巻くのはダウンが水に浮くのを避けるためです。

バスタオルでくるんだら洗濯ネットに入れて洗濯機のスイッチを入れます。

洗いあがったらいったん洗濯機からとりだし、洗濯ネットからだして、
洗濯槽に沿うように広げ、再び1分脱水します。

これで、洗濯終了です。

あまり触らないように太めのハンガーにかけて陰干しします。
太めのハンガーがない場合はハンバーにタオルなどを巻いて調整して下さい。

綺麗に仕上げる方法

洗濯の工程は洗濯機任せなので難しい事は一つもないんですが、ウルトラライトダウンの場合はここからが最大のポイントです。

通常のダウンジャケットの場合は中にダウンがたっぷり入っているので乾いてからジャケットを振りさばいてダウンに空気をふくませると、ダウンが膨らんでシワも伸び、アイロンもいらないぐらいになりますが、

ウルトラライトダウンの場合は中のダウンが少ないので、ダウンを膨らませたとしてもシワが消えません。

ウルトラライトダウンを洗ってシワシワになってしまった落胆して人も多いのではないかと思います。
そんなシワを伸ばしていきましょう♪

禁断のアイロン

%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%80%80%e6%b4%97%e3%81%84乾いたばかりのウルトラライトダウンです。この状態で失敗した~と思った人は多いのではないでしょうか?
大丈夫ですよ!綺麗になります!!

洗濯絵表示で使用不可とされていたアイロンを使います。

今回は2パターンを試してみました♪

ドライアイロン

霧吹きで全体に水を吹きかけ、低温に熱したアイロンを表面をなぜるように当てます。
力加減に自信のない人はジャケットの端を洗濯バサミでアイロン台に固定して、反対側を浮かすように上げた状態でアイロンを当てます。
空中でアイロンがけすることで、変なシワを作らず絶妙の力加減でアイロンをかけられてオススメです。アイロンをかける向きは自由です。

スチームアイロン

アイロンを高温で熱し、スチームが出る状態にします。
アイロンを衣類に当てないように少し浮かしてスチームだけを衣類にかけるイメージでアイロンがけをします。

比較

%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%80%80%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ad%e3%83%b3左がドライアイロン、右がスチームアイロンです。
ドライアイロンの方が手早く綺麗に仕上がってます。

スチームの場合は衣類から離しているとはいえ高温なので、ビニール部分が少しヨレタようになった部分もあり、調整が難しいです。

アイロンをかける時は、低温で衣類の表面をなぜるように!!

仕上

ジャケットをバサバサと振りさばき、中のダウンに空気を含ませるとふっくらと綺麗に仕上がります。

乾燥機が使えるならば、最後に20分ほど乾燥機にかけるとよりふんわりしあがりますのでお試し下さい。

ダウンジャケットを家で洗えるようになると随分節約になると思います。ジャケットの中では簡単な部類なので、まずは安価なウルトラダウンから♪

 

☟こちらの記事もどうぞ♪

よろしければ、お立ち寄りくださいm(__)m

 

 

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています。

*役に立ったらポチッ♪ と押していただけると励みになります*にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ

      2017/09/30

 - その他, コート, 冬もの