ゴワゴワになってしまったシルクを復活させる方法!!

こんにちは!ハナです。

先日、こんな質問を頂きました。

先日シルクのスカーフをフリマサイトにて購入したのですが 実際手にとると 画像では判らない汚れと 手触りがゴワワゴワした感じがします。ホームクリーニングで回復することは可能でしょうか?

出品する側は細心の注意を払って検品し、デメリットがある場合は正直に書いて出品して欲しいものだなと心から思います。
同じフリマサイトで商品を出品している人間として、とても悲しい気分になりました。

そして買う側からすると、そのデメリットが自分で修復できるものなら、素敵な物を安く手に入れるチャンスとなります。
この「洗濯ラボノート」はそんな方々を応援するブログでもあるのです。

「ゴワゴワになったシルク(絹)を修復する方法」などで検索をかけてみると、「無理」という答えが圧倒的に多かったです。
ただ、それは「常識」というニュアンスが強く、実際に確かめてみたという記事は残念ながら見つけられませんでした。

「シルク(絹)は人毛と似た性質」という事は知識として知っていたので、完全修復は難しいとしても、シャンプーとコンディショナーを使えば、ある程度の修復はできるのではないかと予想してみた訳です。

良い機会なので検証してみます。

ゴワゴワになったシルクを修復する事は本当に不可能なのか?
修復の可能性があるなら、どんな方法が一番良いのか?

実験してみると、意外な事がわかりました(^^)

最後までお付き合いいただければ幸いです。

良い機会を与えて下さったYさんに心よりお礼申し上げます。

 

----- スポンサードリンク -----

 

シルク(絹)とは

シルクとは、世界の4大天然繊維(綿、麻、絹、羊毛)の一つです。
蛾の幼虫である蚕が繭をつくるために体内で作りだす2種類のタンパク質(フィブロイン、セリシン)を主成分とした動物性繊維。
1つの繭から約600~1200mのシルク(絹)をとることが出来ます。

蚕の口は三角形になっており、そこから排出されるシルク(絹)は三角形に近い楕円形です。この形状により光を乱反射させて独特の美しい光沢が生まれるのです。

その独特の光沢は、古来より「最も美しい繊維」「繊維の女王」などと呼ばれ、人々を魅了し続けてきました。

紀元前3000年ごろに中国で生み出されたシルク(絹)ですが、長らくその製法はトップシークレットとされ、国外に輸出する事で中国に大きな利益を生み出しました。
この頃、シルク(絹)を中国からインドやペルシャに輸出するために使われたルートが「シルクロード」と呼ばれているのは有名な話ですね。
日本には、弥生時代ごろに中国から製法が伝わったと言われています。

 

シルク(絹)の特徴

 

シルク(絹)のメリット

〇 吸水性・保湿性に優れているため、良く汗を吸い、肌馴染みが良い。

〇 熱伝導率が低いので、夏は涼しく、冬は温かい

〇 シルク(絹)に含まれるシルクアミノ酸は紫外線を吸収し肌を守る

〇天然素材のため、 静電気が起こりにくい

 

シルク(絹)のデメリット

× 摩擦に弱い(ダメージを受けやすい)

× 紫外線を吸収するため、光変色が起こりやすい

× 価格が高い

 

 

実験開始

まず、実験を開始するにはゴワゴワのシルク(絹)を作らなければなりません。

シルク(絹)を洗濯する上で、絶対にやってはいけないという事をすべてやってみます。

●アルカリ性の洗剤(粉末洗剤)使用
●洗濯機使用

それでも、ゴワゴワさが足りなかったので・・・・

●熱湯に入れ煮沸。
●洗濯機で脱水7分。

P1020469ゴワゴワシルクが出来曲がりました。

素材は要らなくなったシルク100%のネクタイをバラしたものです。

※上記の方法はシルクを洗う際に避けねばならない事のオンパレードです。洗う際はお気を付け下さい。

薄手で目の細かい布と、厚手で目の粗い織物の2種類を試します。

 

質感を蘇らせるために試した方法

クエン酸+グリセリン

P1020471

石鹸で髪を洗う際に、リンスの代用として使えるクエン酸とグリセリンを試してみました。

水300ccにクエン酸小さじ1、グリセリン3滴をいれ、シルク(絹)を10分ほど漬け込みます。

シャンプー&コンディショナー

P1020473

シャンプー液に10分→すすぎ→コンディショナー液に5分漬け込みました。

その時に使用するシャンプーやコンディショナーはノンシリコンタイプではなく、アモジメチコン(ジメチコン)というシリコン素材が入っている事が重要です。成分表を確認の上、ご使用下さい。

<アモジメチコン(ジメチコン)入りシャンプー>
クラシエ 「いち髪」・ユニリーバ「LUX」 ・「Dove」 ・花王 「セグレタ」「エッセンシャル」・資生堂 「TSUBAKI」などなどです。
モデルチェンジ等で含まれる成分が変わる場合もあるかと思いますので、パッケージ裏の成分表をご確認下さいm(__)m

 

おしゃれ着用洗剤+柔軟剤

P1020315今回使用したのは、おしゃれ着用洗剤のエマールとハミングneoです。

エマールに20分→すすぐ→ハミングに5分漬け込みました。

ドライ用洗剤「ハイベック」

P1020480

ハイベック液に5分漬け込み、軽くすすぎました。

 

アイロン

P1020477洗い直しはせずにアイロンだけをかける。
霧吹きをしてアイロンがけ。当て布必須です!!

 

脱水厳禁!!

脱水はしません。手で雑巾絞りも厳禁です。

P1020474タオルの上にシルク(絹)片を置いて、タオルに巻き込みタオルドライします。
素材が薄いので、ビチャビチャでも充分短時間で乾きます。

P1020482
陰干し20分、半乾き状態でドライアイロンをかけます。当て布は必須です。

 

実験結果

 

アイロンのみ

P1020479
薄手の布:ある程度の質感がもどりました。光沢も復活しました。
厚手の布:アイロンをかけないよりはマシという程度。ゴワゴワ感は残ります

クエン酸+グリセリン

シルク4

薄手:光沢感ももどり、肌に吸い付くような質感も復活しています。
厚手:ゴワゴワが少し残るが、光沢は悪くない仕上がり。

 

アクロン+柔軟剤

シルク

薄手の布:質感はしっとりと綺麗に仕上がりました。光沢感がもう一歩といった感じです。
厚手の布:ゴワゴワ感はなくなりました。質感も良い感じに修復されました。

 

ハイベック

シルク2

薄手の布:質感・光沢ともに文句なし!ハリ感もでて薄手の布では一番の仕上がり♪
厚手の布:若干ゴワゴワ感が残る。表面の見た目は一番きれいな仕上がりかも。

ハイベックで洗った後に柔軟剤を使えば、より良い仕上がりになりそうです。

シャンプー&コンディショナー

シルク3薄手の布:光沢感も戻り、肌に吸い付くようなしっとり感も戻りました。
厚手の布:光沢感はハイベックに敵いませんでしたが、質感の修復力がスバラシイです。ゴワゴワ感は完全になくなりました。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?
薄手の布に関しては、どの方法でも結構いいところまで修復できて、すこしビックリしました。
布地やダメージにもよると思いますが、薄手のスカーフ等であれば、ある程度の修復は可能かもしれません。

厚地に関しては、なかなか苦戦しましたが、シルク(絹)は人毛に近い素材ということで、シャンプーとコンディショナーが有効である事がわかりました。
ただ、シミなどがある場合は、洗浄力の強いハイベック洗剤を使用し、柔軟剤も併用すると仕上がりがもっと良くなるんじゃないかと思います。

「ハイベック5-10分 → すすぎ → 柔軟剤5分」 が良いと思います。

それでもダメな場合は素人が手を出すと大きなダメージを与えてしまう事になると思いますので、プロにお任せするのが良いのではないかと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。あなたの大事な衣類が無事に復活すると良いですね!!
また、次回お会いいたしましょう♪

by カエレバ

 

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています。

*役に立ったらポチッ♪ と押していただけると励みになります*にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ

      2017/09/10

 - その他, シルク, 洗濯の基礎知識