コインランドリーの使い方とお得な活用法

こんちには!ハナです。

新しい生活が始まり、自分で洗濯するのは初めて・・という方も多いのではないでしょうか?

自宅での洗濯だけでなく、コインランドリーを初めて利用される方も少なからずいらっしゃるでしょう。

以前、初心者のための洗濯ガイドという特集を組み、その中でコインランドリーについても簡単に触れているのですが、今回もうちょっと詳しくコインランドリーの使い方を書いてみたいと思います。

お時間よろしければ、最後までお付き合いください。

 

コインランドリーという選択

P1020553

アパートが狭くて洗濯機が置けない環境だったり、短期間の一人暮らし、自宅の洗濯機では洗うのが困難なタオルケットや毛布など、そのような大物の洗濯もコインランドリーを利用すると便利です。

最近は、カフェを併設したランドリーが話題になったり、自宅に洗濯機があってもコインランドリーを利用されている方も増えているそうです。

そんなコインランドリー人気に対応して、洗濯機や乾燥機の空き情報を電話やネットで確認できるところが増えています。洗濯機が空いている時間を選んで来店することも可能なので、待ち時間が無く、時間を有効に活用できるのが嬉しいですね。

スポンサーリンク

コインランドリーの価格は?

価格の目安は、地域や店舗によって違います。

今回は、私が利用させていただいた「ノムラクリーニング」での価格を参考に書いておきます。各店舗による料金の差は、関西だと前後100円くらいのイメージです。

以前、コインランドリーについて書いた時に利用させていただいたのは、マルセンコインランドリーのコインランドリーでした。設備などは同じような内容で、料金体系などが少し違うくらいですね。

【料金一覧】

所要時間 料金
洗濯+乾燥(?15kg) 60分 1,600円
洗濯+乾燥(?8kg) 50分 1,400円
洗濯のみ(?22kg) 30分 1,200円
洗濯のみ(?12kg) 30分 900円
乾燥のみ(?25kg) 10分 100円
乾燥のみ(?14kg) 8分 100円
靴専用 1回 400円
靴専用乾燥機 20分 100円

今回は、日常的な洗濯物を6kgほど持って行きました。

6kgほどの洗濯物であれば、乾燥は30分ほどで充分だと思います。

洗濯機の種類は、洗濯から乾燥まで一気に可能なタイプと、洗濯だけ or 乾燥だけ、この3機種を設置している施設が大半です。あとは洗濯容量のサイズ違いですね。

今回訪れた「ノムラクリーニング」では、オレンジが「乾燥機」、ピンクが「洗濯+乾燥機」、ブルーが「洗濯機」と色分けされていました。

 

少しだけ洗濯代を節約する方法

鋭い方は料金一覧を見てピンとキたかもしれませんが、実は洗濯+乾燥を同時にしてくれる機種を使用せず、洗うだけの機種乾燥だけの機種を分けた使用したほうが少しだけ安く上がります。

洗濯機から乾燥機に移動させる若干の手間を要しますが、少しでも料金を節約したい方は意識してみてください。

乾燥機を利用する場合、前の人が使った直後の・・つまり、まだ余熱で温かい乾燥機を選ぶと庫内を温める時間が節約できるので、通常であれば乾燥30分のところ、20分ほどで同じくらい乾かせます。

あと、大容量(25kg)の乾燥機がある場合、そちらを使用されたほうが早くふんわり乾くので、ふんわり仕上げたい洗濯物は、大容量の乾燥機で乾燥させるのがオススメですよ。

 

スポンサーリンク

 

洗濯機の使い方

 

洗濯機の使い方は、どのコインランドリーでも同じような手順です。

・洗濯物を洗濯機に入れて、しっかりとドアを閉じる

「洗濯と乾燥」「洗濯のみ」「乾燥のみ」などのコースがあるので、希望のコースを選択

(今回は「洗濯のみ」の洗濯機を使い、「ソフターなし」を選択しました)

お金を入れると、自動的に洗濯が開始します。

 

乾燥機で乾燥できるもの

乾燥機を使って乾燥させてもよいか否かは、下記の表をご参照ください。

あくまでも目安なので、原則として衣類に付いている洗濯絵表示の指示に従ってください。洗濯絵表示に「タンブラー乾燥は避けてください」という注意書きがあった場合は、以下の表では〇でも乾燥機の使用は避けられたほうが賢明です。

ランドリー

※どのコインランドリーでも、ほぼ同じ仕様です。

コインランドリーの乾燥機は、一般家庭用の乾燥機よりも高温で乾燥させます。ダニは60℃で死滅すると言われていますが、コインランドリーの乾燥機は60℃まで温度が上がりますので、ダニ予防にコインランドリーを使用されるのもオススメです。

 

待ち時間の有効活用

 

P1020543
洗濯時間は、「洗いと乾燥」で約1時間ほど。
一般家庭用の洗濯機だと3時間はかかるので、早いですね!

業務用の乾燥機はガスを使うので、高温で乾燥させることが可能となり、早く仕上がるんです。

冒頭で触れた進化型コインランドリー(ソーシャルランドリー)などもありますし、コインランドリーや併設しているカフェで待機していても問題ありませんが、最近は、「ハローコール」というサービスを導入しているコインランドリも増えてきました。

「ハローコール」とは、洗濯機についている端末に自分の自分の携帯電話の番号を入力しておくと、洗濯終了15分前に連絡が入るサービスです。

洗濯を待っている間に家の用事や買い物などができるので、非常に便利なサービスです。用事が重なっている日など、忙しい時は是非とも活用したいサービスですね。

 

仕上がり

洗い上がったら、乾燥機に移動させます。(乾燥まで可能な洗濯機を使った場合、洗濯機から乾燥機への移動は不要です)

乾いた状態の洗濯物が10kgほどでしたら、30分もあれば乾きます。

洗い上がった洗濯物を乾燥機に入れてドアを閉じ、お金を投入すれば自動的に乾燥が開始します。

前の人が使った直後の乾燥機だと、すでに庫内の温度が余熱によって上がっているので、20分くらいで乾く場合もあります。最初は20分ほどに設定しておいて、様子を見ながら必要であれば追加で乾燥させるのが効率的ですね。

洗濯のみで??900円
乾燥30分で 300円
合計    1,200円

決して安い金額ではございませんそれに、洗濯機が自宅にある人はコインランドリーを利用する機会は少ないかもしれませんが、コタツ布団やラグマットなどの一般家庭用洗濯機の容量を超えた大物の洗濯、また梅雨時期に乾燥機だけ利用するなど、使い方によっては便利な施設なので、上手に活用してみてください。

我が家でも布団や毛布などの大物は、コインランドリーを利用して洗います。

 

スポンサーリンク

 

靴も自動で洗えるコインランドリー

いつもは別のコインランドリーを利用しているのですが、今回「ノムラクリーニング」を訪れたのには訳があります。そう・・・このシューズクリーニングを試してみたかったんです!

こちらが靴専用の洗濯乾燥機なのですが、乾燥機は洗濯機と別になっていますね。

洗濯槽には、このようなブラシが付いてます。

大人用の靴(20cm以上)だと2足、子供用の靴(19.5cm以下)だと4足洗えて、洗浄に400円、乾燥に100円、合計500円かかります。ちょっと割高ですね・・・

でも使い方は簡単!

お金を入れる

10秒以内にシャワーボタンを押して、庫内を洗浄

靴を入れてドアを閉じれば自動的に洗浄開始です。

簡単なんですけどね・・・私は「10秒以内に」という項目を読んでおらず、靴もセットしていないのに洗浄が始まってしまいました・・(笑)

洗浄シャワーを利用する場合は、必ず10秒以内に洗浄ボタンを押すようにしてください。

勿体ないですが、400円は諦めて再チャレンジです。

靴の入れ方に決まりはありませんが、店員さん曰く、「綺麗に洗いたい場合は靴紐を外し、底が外側に向くように靴をセットすると、より綺麗に洗える」とのことです。

 

これが乾燥機の内部で、中にある黒い金具に靴を固定して乾燥させます。
料金は、20分で100円。20分では完全に乾きませんでしたが、あとは持ち帰って自然乾燥させることにしました。

Before After

うん、けっこう全自動でも綺麗になりましたね。

少々料金は高く感じましたが、汚れた靴を触りたくない場合や、手動で落とす自信が無いような汚れが付着している場合、または怪我などで靴をゴシゴシと洗えない時は、ストレスなく綺麗に洗えるので、そういった時に重宝するかもしれませんね。

 

本日は、以上です。どなたかの楽しい洗濯ライフのお役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
当ブログに質問やリクエストのある方は、コメント欄やメールフォームにて、気軽にお問い合せください(^^)わかる範囲で答えていきたいと思っております。
また、お寄せいただいた質問などは、当ブログで紹介させていただくこともあります。予めご了承願いますm(_ _)m

 

ランキング

      2018/04/17

 - 洗濯の基礎知識