ユニクロのカシミヤセーターを自宅で洗う方法

こんばんは!ハナです。

カシミヤ100%と聞くと、高級なイメージだったのですが、最近ではユニクロなどの比較的安価なカシミヤが発売され、手に入りやすくなりました。
ただ、安価で買えてしまう分、自宅で洗いたいと思う人も多いのではないかと思います。

本日はそんなユニクロのカシミヤ100%のセーターを洗ってみたいと思います。
ヨレてしまった袖口などの修復方法などと合わせて書いていきたいと思います。

宜しければ最後までお付き合い頂けたらと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

 

カシミヤとは

インド北部のカシミール地方に生息した山羊のうぶ毛を使用して紡ぎ出される素材は繊維の宝石などと呼ばれ、最高級の天然素材として長く愛され続きてきました。
シルクロードを経てヨーロッパにわたり山羊の原産地からカシミヤと呼ばれるようになったのです。

特徴

カシミヤの特徴としては「軽い」「温かい」「肌ざわりが良い」「光沢」などあり、とくに肌ざわりは素晴らしくウールのようにチクチクしません。
肌が弱い人でも安心して着用する事が出来ます。

この肌ざわりの秘密は極細の毛にあります。しかも産毛を使用しているため、柔らかく刺激が少ないいのです。

ヒツジは約20マイクロン前後に対して、カシミヤは約14~16マイクロンという細さです。この極細の毛は温かさの秘密でもあります。
カシミヤの毛はクリンプと呼ばれる縮れ毛で、細く縮れた毛は複雑に絡み合い、断熱効果の高い空気をたくさん蓄える事が出来ます。
そのため、外気から遮断し、体温を逃さないのです。

デメリット

・毛玉ができやすい
・虫に食われやすい

カシミヤに限らず、羊などの獣毛には人間のキューティクルに似たスケールと呼ばれる形状になっており、そのスケールが絡み合い毛玉が出来やすくなります。

カシミヤには定期的な毛玉ケアが必要です。

天然素材の為、虫が付きやすいので、衣替えの際は防虫処理も大切です!!

 

 

ユニクロのカシミヤの品質は?

カシミヤには品質ランクがあります。

ランク 繊度 縦維長
1等級 約14ミクロン 34mm~38m
2等級 14~15ミクロン 30mm~34mm
3等級 約16ミクロン 28mm~32mm
4等級 16ミクロン以下 30mm以下

こんな感じで9等級ほどあります。
ユニクロのカシミヤの場合は、公式HPによると繊度15.5~16.5ミクロンで、縦維長32~34mmとの事なので、なんと3等級ぐらい・・・なかなか良い品物ですよ♪

※年代によって違うので参考までにm(__)m

 

洗濯準備

基本データ

素材:カシミヤ100%

洗濯絵表示:

我が家の布団水洗い不可
漂白不可
アイロン不可

ドライクリーニングのみ可

洗剤の選択

カシミヤは繊維としては強いので、エマールなどのおしゃれ着用でいけると思うのですが、本日洗うセーターは私のお気に入りですので、ここは大事にドライクリーニング用のハイベックをチョイスしたいと思います。

 

私はハイベックという洗剤に出会って、自宅洗濯に目覚めました。
少し高価ではありますが、コートなども洗えてしますのでクリーニング代の節約にもなります♪オススメです(^^)

 

 

 

ドライクリーニング用洗剤をお持ちでない場合は、おしゃれ着用洗剤、または人間用のシャンプーで洗う事をオススメします。
シャンプーを使う場合は、アモジメチコン(ジメチコン)入りのものを選ぶようにして下さい

<アモジメチコン(ジメチコン)入りシャンプー>
クラシエ 「いち髪」・ユニリーバ「LUX」 ・「Dove」 ・花王 「セグレタ」「エッセンシャル」・資生堂 「TSUBAKI」などなどです。
モデルチェンジ等で含まれる成分が変わる場合もあるかと思いますので、パッケージ裏の成分表をご確認下さいm(__)m

 

柔軟剤の代わりにコンディショナーを!!

ウールやカシミヤなど獣毛は人毛と非常に性質が似ています。
そのため、人間用のシャンプーやコンディショナーが生地を傷めず型崩れ防止にもなりオススメです。

こちらもシャンプー同様、アモジメチコン(ジメチコン)入りのものを選ぶようにして下さい。

↓詳しくは下記リンクをご参照下さい(^^)↓

 

 

下準備

型取り

ドライクリーニング用のハイベックを使う場合は、縮みなどの心配はしなくて良いかと思いますが、そうでない場合は、元のセータの型をとっておきます。
p1020142

万が一、縮んでしまったときに、アイロンなどで元の大きなに戻す時に使います。
セーターなどが縮んでしまった時の対処方はこちらです→「縮んだウールを復活させる方法」

 

毛玉取り

カシミヤは非常に毛玉が出来やすい素材となります。
毛玉がついていると、せっかくのカシミヤも台無しです。毛玉がついていて良い事などなにもないので、マメに取り去りましょう。

 

Befoer
p1020152
After
p1020157

 

世の中には数々の毛玉取り器がありますが、私のオススメは
p1020160イズミの毛玉取り器。もう5年ぐらい愛用していて、とにかく使いやすい。
同じ商品は廃盤になっていますが、これが壊れても同じメーカーの後継機を買いたいと思ってます。

 

※後日買い換えました!!新機種レビューも書いてます

 

毛玉取り器にしたら価格は少しだけ高め(2500円ぐらい)ですが、充電してコードレスとしも使えるし、コンセントにさしても使える2WEY仕様です。
充電時間を待つ必要もないし、電池式のようにすぐに電池が切れてしまう事もなくて使いやすいです。

生地によって毛足長さが三段階に調整が可能なので、毛足が長めの生地にも使えるのが嬉しい♪

 

 

 

ヨレた袖や裾を修復する

ウールやカシミヤに限らず、ニット素材は袖や裾がヨレヨレに伸びてしまう事があります。そういう時は糸で縮めて洗濯する事で修復可能です。
p1020165
糸を通して、縮んで欲しいサイズよりも少し小さめに絞ります。
このまま洗濯してアイロンのスチームをかける事で、意図的に縮める事が出来ます。

 

下準備はこれで終了です。では、洗っていきましょう♪

 

洗濯開始

基本的に、デリケートなカシミヤは手洗いしましょう♪
(無駄な型崩れや毛玉が出来るのを防ぐ為です。)

洗剤はハイベックを使ってきますが、おしゃれ用洗剤でも、シャンプーを使っても洗い方はほぼ同じです。

●衣類は摩擦を防ぐ為に裏返しにして洗います。

●水(人肌の温度)に洗剤を溶かし、その中に衣類を入れてつけ置きします。
※ハイベックの場合は動かす必要はありません。

p1020178

(それ以外の場合は、溶剤の中で衣類を数回上下に軽く揺らし洗います。)

●10分ほどしたら、洗濯機で1分脱水。

●人肌温度の水ですすぎます。このときは溜めた水の中で軽く揺らすようにすすぎます。

●コンディショナーを溶いたぬるま湯に衣類を5分ほど漬け込みます。

p1020183

●洗濯機で1分脱水

干す

洗いあがったら、干しています。
干し方は、カシミヤに限らずニット類はすべて、平置きの陰干し。
p1020191

 

平干し用のネットをお持ちでない場合は、100円ショップなどで買えるネットとスラックスハンガーなどの組み合わせで代用可能。
あるもので工夫して平干し出来るようにして下さい。

p1020186

うっかりハンガーなどで吊り干ししてしますと、水を含んだ衣類自身の重みで袖などが伸びてしまったり型崩れの原因になりますのでご注意下さい

 

仕上

完全に乾いたら、スチームアイロンで形を整えます。

直接アイロンをかけると、せっかくのふんわり感が台無しになってしますので、衣類から1cmほど浮かせて、スチームだけをかけるイメージでアイロンがけしてゆきます。

糸で調整した袖はこんな感じ。
しっかり縮みましたね。

p1020192

p1020193出来上がりです♪

今日も、無事にお気に入りのカシミアを上手に洗えました。
ドライクリーニングでは落ちない汗などの水溶性の汚れも綺麗に落とせるので気持ち良いですよ~♪
コンディショナー効果で肌ざわりもフワフワとなめらかです。

まずは、失敗してもおしくない、ファストファッション系のカシミヤや着古したカシミヤから初めてみて下さいね(*'▽')

本日は、ここまでです。恐らく今年最後の更新になるかと思います。
皆さま、良いお年をお迎えください~~~(^_^)/

来年も色々洗ったり実験したりしたいと思います。どううぞ宜しくお願い致します。

 

☟こちらの記事もどうぞ♪

 

よろしければ、お立ち寄りくださいm(__)m

 

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています。

*役に立ったらポチッ♪ と押していただけると励みになります*にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ

      2017/09/30

 - カシミア, ニット, 冬もの