忙しい人の救世主!「花王アタック プロEX 石けん」の汚れ落ちをレビュー【画像あり】

シミ抜き

こんにちは、ハナです。

花王のアタックシリーズから新しい洗剤が発売されたので、本日さっそくレビューしてみたいと思います。

しつこい黄ばみや泥汚れに対して高い効果を発揮する、洗濯用の固形石けんです。

お時間よろしければ、最後までお付き合いください。

アタック プロEX石けん @花王

 

※画像は「花王アタック」の公式HPからお借りしました。

こちらは液体や粉末の洗濯石けんではなく、固形の洗濯石けんです。同じようなタイプでは、ウタマロ石けんなども人気商品として有名で、石けんとしての目新しさはありませんが、ブラシ付きケース入りというスタイルは珍しいですね。

アルカリ性の石けんを使用する場合、洗浄力が高い分、手が荒れてしまうことも多々あります。直接石けんに手を触れなくていいのは、肌の弱い人にとっても朗報なのではないでしょうか。

アタック史上最強の泥洗浄力
部分汚れ用 洗たく石けん

●「泥高分散剤入り石けん」がセンイの奥の泥汚れまで落とす
●「かき出しブラシ付きケース」に入れて使えばすべらず塗り込みやすい。
さらにブラシでこすれば、手もみ洗いで落ちない汚れもラクラク解決
●エリ・ソデ汚れ、食べこぼしにも
●消臭効果で汗のニオイもスッキリ
●爽やかなクリアシトラスの香り
●蛍光剤無配合

※花王「アタック」公式HPから引用

 

ウタマロ石鹸との比較

 

?名称成分価格
ウタマロ石けん純石けん(98%脂肪酸ナトリウム)、蛍光増白剤100円前後
アタック プロEX 石けん純石けん分(97%、脂肪酸ナトリウム)、分散剤(ポリアクリル酸ナトリウム )、香料【ケース付き】
300円前後
【詰め替え】
130円前後

成分は酷似していますが、大きな違いは「蛍光増白剤」が入っているかどうかだと思います。

「蛍光増白剤(蛍光剤)」とは、目に見えない紫外線を目に見える青白い光に変化させ、白い衣類をより白く見せる効果がある薬剤です。特に黄色味を打ち消してしまう効果が高いので、黄ばみなどはなかったように白く見せる反面、生成りの服に使うと色が白く抜けたように見えるので、そういった素材には使えません。

「ウタマロ石鹸」の弱点でもある “生成りの洋服には使えない” という弱点が、「アタック プロEX 石けん」では解消されています。

「アタック プロEX 石けん」の成分中、「ウタマロ石鹸」に入っている蛍光増白剤の代りを担っているのが “分散剤” です。

「分散剤」とは、界面活性剤の一種です。水と油のように本来は混ざり合わない成分を混合するための歯車で、これによって洗えなくなる衣類は特にありません。

ただし、動物性の繊維(ウールやシルクなど)はアルカリ性に弱いので、アルカリ成分の強い洗濯石けんは使用を避けたほうが賢明かと思います。

蛍光剤と分散剤では、どれほどの差が洗い上がりに生じるのか、実際に洗って確かめてみましょう。

 

アタック プロEX 石けんの使い勝手

袋を開けると、このようにバラバラの状態で入っています。組み立て方は難しくありませんが、公式HPでセット方法が丁寧に解説されていたので、画像をお借りして貼っておきますね。

 

一度組み立ててしまえば自立するので、収納のスペースを圧迫しません。

握った感じはいいですね!!私はそれほど手が大きくないのですが、しっかり握れます。
形が6角形なので、適度に力が入り、なおかつ滑りません。

ブラシの先端は少し平たく角があり、それぞれ1本が細い形状となっているので、繊維の汚れを上手くかき出してくれそうですね。

さて、準備が整いましたので、実際に洗ってみましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

「アタック プロEX 石けん」と「ウタマロ石けん」を実際に使ってみた

実験に使用する汚れ

※画像は使いまわしです

口紅・・・・・油溶性
卵・・・・・・タンパク
醤油・・・・・水溶性
ボールペン・・油溶性
果汁・・・・・色素(ブルーベリー)
ソース・・・・水溶性+消臭(ウスターソース)
ミートソース・色素
カレー・・・・色素+不溶性
ごま油・・・・油溶性+消臭

※画像は使いまわしです

今回の実験では、墨の汚れ落ちも検証してみたいと思います。

 

実験方法

 

石けんをこすりつけて、

「ウタマロ石鹸」は2分揉み洗い。

「アタック プロEX 石けん」は付属のブラシを使い、2分こすり洗いします。

同じ汚れを付けた布を2枚ずつ洗い、洗い落ちを確かめます。

 

洗い上り結果

ウタマロ石けん

41P(45P中)

口紅    ★★★★☆
卵     ★★★★★
醤油    ★★★★★
ボールペン ★★★★★
果汁    ★★★★☆
ソース   ★★★★★
ミートソース★★★★☆
カレー   ★★★★☆
ごま油   ★★★★★

 

墨  ★★★☆☆

合計:44P(計50P中)

 

 

アタック プロEX 石けん

 

40P(45P中)

口紅    ★★★★☆
卵     ★★★★★
醤油    ★★★★★
ボールペン ★★★★★
果汁    ★★★☆☆
ソース   ★★★★★
ミートソース★★★★☆
カレー   ★★★★☆
ごま油   ★★★★★

墨  ★★☆☆☆

合計:42P(計50P中)

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

ウタマロ石けん 44P
アタック プロEX 石けん 42P

と、単純に数字だけで見れば、洗い上がりの結果としては「ウタマロ石けん」に軍配が上がりましたが・・・先に申し上げた通り、「ウタマロ石けん」には蛍光剤が入っているため、白物以外の洗濯には注意が必要です。

反面、「アタック プロEX 石けん」は白物以外にも洗えますし、付属のブラシが備わっていることもあって、何より手軽です。石けん成分が直接手に触れないのも手荒れ対策としては申し分ありませんし、汚れを見つけたらサッと手に取って、パパッと染み抜きできるのがとても便利だと思いました。

墨が服に付いてしまった時や、白物の襟や脇などに付着した汗汚れ(黄ばみなど)を落とすことにかけては「ウタマロ石けん」が最強ですが、石けんで手荒れしてしまう方や普段から忙しくされている方には特に、新製品の「アタック プロEX 石けん」を検討なさってください!

どちらを選ぶかはライフスタイルによりますが、新製品の「アタック プロEX 石けん」は忙しい方には特にオススメの染み抜き石けんです!

 

本日は、以上です。どなたかの楽しい洗濯ライフのお役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

当ブログに質問やリクエストのある方は、コメント欄やメールフォームにて、気軽にお問い合せください(^^)わかる範囲で答えていきたいと思っております。
また、お寄せいただいた質問などは、当ブログで紹介させていただくこともあります。予めご了承願いますm(_ _)m

 

コメント